ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

ユーザアカウントもしくはOrganizationが所有するリポジトリへのフォースプッシュのブロック

ユーザアカウントもしくはOrganizationが所有するリポジトリのすべてのブランチ、あるいはデフォルトブランチのみに対してフォースプッシュ(git push --force)をブロックできます。

リポジトリは、所属するユーザアカウントもしくはOrganizationからフォースプッシュの設定を引き継ぎます。 そしてそれぞれのOrganization及びユーザアカウントは、フォースプッシュの設定をアプライアンス全体のフォースプッシュの設定から引き継ぎます。

引き継がれたデフォルトの設定は、ユーザアカウントもしくはOrganizationの設定をすることで上書きできます。

  1. http(s)://HOSTNAME/loginでGitHub Enterprise Server インスタンスにサインインしてください。
  2. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  3. 検索フィールドでユーザもしくはOrganizationの名前を入力し、Search(検索)をクリックしてください。
    [Site admin settings search] フィールド
  4. 検索結果で、ユーザもしくはOrganizationの名前をクリックしてください。
    サイドアドミン設定の検索オプション
  5. ページの右上にあるAdmin(管理) をクリックしてください。
    管理ツール
  6. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。
    管理ツール
  7. [Repository default settings(リポジトリのデフォルト設定)] の下の [Force pushes(フォースプッシュ)] セクションで、以下から選択してください。

    • [Block(ブロック)] ですべてのブランチへのフォースプッシュがブロックされます。
    • [Block to the default branch(デフォルトブランチへのブロック)] でデフォルトブランチへのフォースプッシュのみがブロックされます。
      フォースプッシュのブロック
  8. Enforce on all repositories(すべてのリポジトリに対して強制)を選択して、リポジトリ固有の設定を上書きすることもできます。 こうしてもアプライアンス全体のポリシーは上書きされないことに注意してください。
    Block force pushes この変更はすぐに有効になります。 後で考えが変わった場合には、フォースプッシュを再度許可することもできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください