ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リモートリポジトリについて

GitHub のコラボレーティブな開発へのアプローチは、ローカルリポジトリからコミットを公開して、他者が見たり、フェッチしたり、更新したりできるようにすることに依存しています。

リモート URL は、「コードがここに保存されています」ということを表現する Git のしゃれた方法です。 その URL は、GitHub 上のあなたのリポジトリや、他のユーザーのフォーク、さらにはまったく異なるサーバーだったりします。

プッシュできるのは、2 種類の URL アドレスに対してのみです。

  • https://[hostname]/user/repo.git のような HTTPS URL
  • git@[hostname]:user/repo.git のような SSH URL

Git はリモート URL に名前を関連付けます。デフォルトのリモートは通常 origin と呼ばれます。

これらの URL の違いに関する情報については、どちらのリモート URL を使うべきか?を参照してください。

リモートの作成

git remote add コマンドを使用してリモート URL に名前を関連付けることができます。 たとえば、コマンドラインに以下のように入力できます:

git remote add origin  <REMOTE_URL> 

これで origin という名前が REMOTE_URL に関連付けられます。

git remote set-url を使えば、リモートの URL を変更できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください