ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

Setting your commit email address

You can set a primary email address on GitHub Enterprise that's associated with web-based Git operations you perform such as edits and merges.

In this article

About commit email addresses

GitHub Enterprise uses your commit email address to associate commits with your GitHub Enterprise account. You can choose the email address that will be associated with the commits you push from the command line as well as web-based Git operations you make.

For web-based Git operations, you can set your commit email address on GitHub Enterprise. For commits you push from the command line, you can set your commit email address in Git.

After changing your commit email address on GitHub Enterprise, the new email address will be visible in all of your future web-based Git operations by default. Any commits you made prior to changing your commit email address are still associated with your previous email address.

To ensure that commits are attributed to you and appear in your contributions graph, use an email address that you've added to your GitHub account.

Setting your commit email address on GitHub

  1. 任意のページの右上で自分のプロフィール画像をクリックし、[Settings] をクリックします。

    ユーザバーの設定アイコン

  2. 左サイドバーで [Emails] をクリックします。 ![Emails タブ] (/assets/images/help/settings/settings-sidebar-emails.png)

  3. [Add email address(メールアドレスの追加)] にメールアドレスを入力し、[Add(追加)] をクリックします。

    メールの追加ボタン

  4. "Primary email address(プライマリメールアドレス)" リストで、Web ベースの Git の操作を関連付けたいメールアドレスを選択してください。

    プライマリメールアドレスの選択

Setting your commit email address in Git

You can use the git config command to change the email address you associate with your Git commits. The new email address you set will be visible in any future commits you push to GitHub Enterprise from the command line. Any commits you made prior to changing your commit email address are still associated with your previous email address.

Setting your email address for every repository on your computer

  1. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  2. Gitでメールアドレスを設定してください。任意のメールアドレスを使用できます。

    $ git config --global user.email "email@example.com"
  3. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。

    $ git config --global user.email
    email@example.com
  4. コミットメールアドレスを GitHub に設定して GitHub Enterprise アカウントにメールアドレスを追加し、コミットがあなたに関連付けられ、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。

Setting your email address for a single repository

GitHub Enterprise uses the email address set in your local Git configuration to associate commits pushed from the command line with your GitHub Enterprise account.

You can change the email address associated with commits you make in a single repository. This will override your global Git config settings in this one repository, but will not affect any other repositories.

  1. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  2. Change the current working directory to the local repository where you want to configure the email address that you associate with your Git commits.

  3. Gitでメールアドレスを設定してください。任意のメールアドレスを使用できます。

    $ git config user.email "email@example.com"
  4. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。

    $ git config user.email
    email@example.com
  5. コミットメールアドレスを GitHub に設定して GitHub Enterprise アカウントにメールアドレスを追加し、コミットがあなたに関連付けられ、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください