ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ソースコード移行ツール

外部ツールを使って、プロジェクトを GitHub に移動できます。

ここには以下の内容があります:

Subversion からインポートする

一般的な Subversion の環境では、複数のプロジェクトが単一のルートリポジトリに保管されます。 GitHub 上では、一般的に、それぞれのプロジェクトはユーザアカウントや Organization の別々の Git リポジトリにマップします。 次の場合、Subversion リポジトリのそれぞれの部分を別々の GitHub リポジトリにインポートすることをおすすめします。

  • コラボレーターが、他の部分とは別のプロジェクトの部分をチェックアウトまたはコミットする必要がある場合
  • それぞれの部分にアクセス許可を設定したい場合

Subversion リポジトリを Git にコンバートするには、これらのツールをおすすめします:

Mercurial からインポートする

Mercurial リポジトリを Git にコンバートするには、 hg-fast-export をおすすめします。

Team Foundation Server からインポートする

Team Foundation Server と Git の間で変更を反映するには、これらのツールをおすすめします。

参考: Git へのプロジェクトの変換が完了した後、GitHub にプッシュできます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください