ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

リポジトリに依存するプロジェクトのリスト

リポジトリに依存するパッケージおよびプロジェクトを、依存グラフで表示することができます。

ここには以下の内容があります:

依存グラフについて

依存グラフには、パッケージとアプリケーション両方に関するデータが含まれます。 パッケージはパッケージ マネージャーにライブラリを含むリポジトリであり、アプリケーションは選択したリポジトリに依存するリポジトリです。 依存グラフでのアプリケーションのリストは、リポジトリに依存する直近のプロジェクトごとにソートされます。

依存グラフには、次の言語のデータが表示されます:

  • RubyGems
  • NPM
  • PyPI
  • Maven (pom.xml のみ)
  • Nuget

この機能を使えるようにするには、サイト管理者はGitHub Enterprise Server インスタンスの脆弱性のある依存関係に対するセキュリティアラートを有効化しなければなりません。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverの脆弱性のある依存関係に関するセキュリティアラートの有効化」を参照してください。

メモ: 依存カウントは概数であり、リストされる依存の数に一致しない場合があります。

依存グラフ

依存グラフにアクセスする

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Insights(インサイト)をクリックしてください。

    リポジトリのナビゲーションバーのインサイトタブ

  3. 左のサイドバーでDependency graph(依存関係グラフ)をクリックしてください。

    左のサイドバーの依存関係グラフタブ

  4. [Dependency graph] で [Dependents] をクリックします。

    依存関係グラフ ページの [Dependents] タブ

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください