ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

ファイルをリポジトリの履歴から削除する

サイズの大きいファイルをリポジトリから削除するには、ローカルリポジトリと 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス から完全に削除する必要があります。

ここには以下の内容があります:

警告: この手順では、ファイルをコンピュータのリポジトリと 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス から恒久的に削除します。 ファイルが重要なものである場合は、ローカルバックアップコピーをリポジトリ外にあるディレクトリに作成してください。

以前のコミットで追加されたファイルを削除する

以前のコミットでファイルを追加した場合は、リポジトリの履歴から削除する必要があります。 リポジトリの履歴からファイルを削除するには、BFG Repo-Cleaner または git filter-branch コマンドを使用できます。 詳細は「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。

プッシュされていない直近のコミットで追加されたファイルを削除する

ファイルが直近のコミットで追加され、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス にプッシュしていない場合は、ファイルを削除してコミットを修正することができます。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. ワーキングディレクトリをローカルのリポジトリに変更します。
  3. ファイルを削除するため、git rm --cached を入力します。

    $ git rm --cached サイズの大きいファイル
    # サイズの大きいファイルを削除するためにステージするが、ディスクには残す
  4. --amend -CHEAD を使用して、この変更をコミットします。

    $ git commit --amend -CHEAD
    # 以前のコミットを変更内容で修正すること
    # 新たにコミットを作成するだけでは奏功しない
    # プッシュされていない履歴からもファイルを削除する必要があるため
  5. コミットを 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス にプッシュします。

    $ git push
    # 書き換えられサイズが小さくなったコミットをプッシュ

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください