ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

CSV および TSV データをレンダリングする

ここには以下の内容があります:

GitHub では、.csv (カンマ区切り) 形式および .tsv (タブ区切り) 形式のファイルのレンダリングがサポートされています。

レンダリングされた CSV のサンプル

When viewed, any .csv or .tsv file committed to a GitHub Enterprise repository automatically renders as an interactive table, complete with headers and row numbering. デフォルトでは、常に 1 番目の行がヘッダ行であるとみなされます。

行番号をクリックして特定の行にリンクすることも、Shift キーを押して複数行を選択することもできます。 あとは URL をコピーして送るだけです。

データを検索する

データセットから特定の値を見つけるには、ファイルの上にある検索バーで直接、入力を開始します。 行が自動的にフィルタリングされます。

値を検索する

エラーを処理する

時々、CSV や TSV が正常にレンダリングされないことがあります。 その場合、生テキストの末尾にエラーボックスが表示され、考えられる原因が示されます。

CSV レンダリングのエラーメッセージ

よくある原因として次のようなものがあります:

  • 列カウントの不一致。 セルは空白でもかまいませんが、各行の区切り文字の数は同じである必要があります。
  • ファイルサイズの超過。 レンダリングが機能するファイルのサイズは 512KB までです。 それより大きいと、ブラウザが低速になります。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください