ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

新しいリポジトリの作成

個人アカウントや必要な権限を持つどのような Organization にも新しいリポジトリを作成できます。

参考: オーナーは Organization でのリポジトリの作成権限を制限できます。 詳しい情報については「Organization でのリポジトリ作成の制限」を参照してください。

  1. ページの右上角で ドロップダウンメニューを使い、New repository(新規リポジトリ)を選択してください。

    新しいリポジトリを作成する選択肢を持つドロップダウン

  2. Owner(オーナー)ドロップダウンメニューを使い、リポジトリを所有したいアカウントを選択してください。

    [Owner] ドロップダウンメニュー

  3. リポジトリの名前と、任意で説明を入力してください。

    リポジトリ作成フィールド

  4. リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択してください。 パブリックなリポジトリは、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンスを使う全員から見ることができますが、プライベートリポジトリはあなたと、あなたが共有した人々からだけ見ることができます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

    プライベートまたはパブリックのステータスを選択するラジオボタン

  5. リポジトリに自動入力できる数多くのオプションアイテムがあります。 既存のリポジトリを GitHub Enterpriseにインポートする場合は、このようなオプションはどれも選択しないでください。マージコンフリクトが起きる可能性があります。 ユーザインターフェースを使用して新しいファイルを追加または作成する、またはコマンドラインを使用して後で新しいファイルを追加することができます。 詳細は「コマンドラインを使って Git リポジトリをインポートする」、「コマンドラインを使ってリポジトリにファイルを追加する」、「マージコンフリクトに対処する」を参照してください。

    • 自分のプロジェクトについて説明するドキュメントである README を作成できます。 詳しい情報については「README について」を参照してください。
    • 無視するルールを記載した .gitignore ファイルを作成できます。 詳細は「ファイルを無視する」を参照してください。
  6. [Create repository] をクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください