ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

リポジトリについて

リポジトリは、プロジェクトのフォルダーのようなものです。 プロジェクトのリポジトリにはプロジェクトのすべてのファイルが含まれ、各ファイルのリビジョン履歴が保存されます。 プロジェクトの作業をリポジトリ内で議論し、管理することもできます。

リポジトリを個人として所有することも、リポジトリの所有権を Organization 内の他の人々と共有することもできます。

リポジトリの表示設定を選択して、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます。 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

ユーザが所有するリポジトリでは、他の人々にコラボレーターアクセスを与えて、プロジェクトでコラボレーションするようにできます。 リポジトリが Organization によって所有されている場合は、Organization のメンバーにアクセス権限を与え、リポジトリ上でコラボレーションするようにできます。 詳細は「ユーザアカウントのリポジトリの権限レベル」および「Organization のリポジトリの権限レベル」を参照してください。

各個人と Organization は、無制限のリポジトリを所有し、すべてのリポジトリに無制限にコラボレーターを招待できます。

リポジトリの Issue、プルリクエスト、プロジェクトボードを使ってプロジェクトで他者とコラボレーションできます。

octocat/Hello-World リポジトリのメインページ

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください