ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

プルリクエストをマージする

作業が完了したら、プルリクエストを上流ブランチにマージします。 リポジトリに対してプッシュアクセスを持つユーザなら誰でもマージを実行できます。

ここには以下の内容があります:

プルリクエストのマージについて

デフォルトでは、head ブランチがベースブランチとコンフリクトしていない限り、どのプルリクエストもいつでもマージできます。 ただし、プルリクエストを特定のブランチにマージできるタイミングには制限がある場合があります。 たとえば、必須ステータスチェックに合格している場合にのみ、プルリクエストを master にマージできます。 詳しい情報については保護されたブランチについてを参照してください。

プルリクエストでマージコンフリクトが発生する場合、またはマージの前に変更をテストしたい場合は、コマンドラインを使用して、プルリクエストをローカルでチェックアウトしてマージすることができます。

You can't merge a draft pull request. ドラフトのプルリクエストに関する詳しい情報については「プルリクエストについて」を参照してください。

トピックブランチでの変更を上流ブランチにマージしたくなければ、マージせずにプルリクエストをクローズすることができます。

GitHub でプルリクエストをマージする

  1. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。

    Issue とプルリクエストのタブの選択

  2. [Pull Requests] リストで、マージしたいプルリクエストをクリックします。

  3. リポジトリで有効なマージオプションに応じて、以下の操作が可能です:

    メモ: リベースおよびコミットを行うと、常にコミッターの情報が更新され、新しいコミット SHA が作成されます。 詳細は「プルリクエストのマージについて」を参照してください。

  4. 要求されたら、コミットメッセージを入力するか、デフォルトのメッセージのままにします。

    Commit messageフィールド

  5. [Confirm merge]、[Confirm squash and merge] をクリックするか、[Confirm rebase and merge] をクリックします。

  6. また、代わりにブランチを削除することもできます。 こうすることで、リポジトリにあるブランチのリストが整理された状態を保てます。

プルリクエストは --no-ff オプションを使用してマージされますが、squash またはリベースされたコミットは例外で、fast-forward オプションを使用してマージされます。

You can link a pull request to an issue to automatically close the issue when someone merges the pull request. For more information, see "Linking a pull request to an issue."

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください