ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

フォークから作成されたプルリクエストのブランチへの変更の許可

コラボレーションを強化するために、ユーザアカウントが所有するフォークから作成したブランチでのコミットを許可します。

ユーザアカウントが所有するフォークの上流リポジトリへのプッシュアクセスを持つ人は、フォークされたブランチにコミットできます。

ここには以下の内容があります:

プルリクエストの作者だけが、上流のリポジトリメンテナ、あるいは上流のリポジトリへのプッシュアクセスを持っている人に対し、ユーザー所有のフォークでプルリクエストの比較ブランチにコミットする権限を与えることができます。 上流リポジトリについて詳しく学ぶにはフォークについてを参照してください。

プルリクエストの作者は、ユーザが所有するフォークからプルリクエストを最初に作成するとき、またはプルリクエストを作成した後に、これらの権限を与えることができます。 詳しい情報については、「フォークからプルリクエストを作成する」を参照してください。

最初にフォークからプルリクエストを作成する時に、コミットの権限を設定できます。 詳しい情報についてはフォークからのプルリクエストの作成を参照してください。加えて、既存のプルリクエストを変更して、リポジトリメンテナがそのブランチにコミットできるようにすることもできます。

既存のプルリクエストへのリポジトリメンテナの権限の有効化

  1. GitHub Enterpriseで、プルリクエストの上流リポジトリのメインページにアクセスします。
  2. 上流リポジトリの名前の下で、[Pull request] をクリックします。
    Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. プルリクエストのリストの中で、コミットを許可するプルリクエストを見つけます。
  4. On user-owned forks, if you do not want to allow anyone with push access to the upstream repository to make changes to your pull request, unselect Allow edits from maintainers.
    メンテナに変更を許可するサイドバーのチェックボックス

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください