ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-05-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.17

リポジトリ用 Issue テンプレートの設定

コントリビューターがリポジトリで新しい Issue を開くときに使用できるテンプレートをカスタマイズできます。

You can create default issue templates for your organization. 詳しい情報については「デフォルトのコミュニティ健全性ファイルの作成」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Features] セクションの [Issues] の下で、[Set up templates] をクリックします。
    [Start template setup] ボタン
  4. [Add template] ドロップダウンメニューで、作成するテンプレートの種類をクリックします。
    [Add template] ドロップダウンメニュー
  5. テンプレートをリポジトリにコミットする前にプレビューまたは編集するには、[Preview and edit] をクリックします。
    [Preview and edit] ボタン
  6. テンプレートを編集するには、 をクリックし、フィールドに入力してコンテンツを編集します。
    [Issue template edit] ボタン
  7. デフォルトの Issue タイトルを自動的に設定するには、リポジトリへの読み取りアクセスを持つ人に Issue を割り当てるか、ラベルを Issue テンプレートに適用し、こうした詳細な情報を [Optional additional information] の下に入力します。このような詳細情報を Issue テンプレートに、titlelabels、または assignees を YAML frontmatter フォーマットで使用して、追加することもできます。
    Issue テンプレートの追加情報
  8. テンプレートの編集とプレビューが終了したら、ページ右上隅にある [Propose changes] をクリックします。
    [Propose changes] ボタン
  9. 変更内容を説明するコミットメッセージを入力します。
    Issue テンプレートコミットメッセージフィールド
  10. コミットメッセージフィールドの下で、テンプレートを直接デフォルトブランチにコミットするか、新しいブランチを作成してプルリクエストを開くか判断します。 プルリクエストに関する詳しい情報については「プルリクエストについて」を参照してください。
    Issue テンプレートの master へのコミットかプルリクエストを開くかの選択
  11. [Commit changes] をクリックしてください。 変更がデフォルトブランチにマージされると、コントリビューターがリポジトリで新しい Issue を開くときにテンプレートを使用できるようになります。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください