ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-01-22. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 For better performance, improved security, and new features, upgrade to the latest version of GitHub Enterprise. For help with the upgrade, contact GitHub Enterprise support.

Creating an issue

Issues can be used to keep track of bugs, enhancements, or other requests.

GitHub Enterprise ユーザは誰でも、Issue が無効になっていないパブリックなリポジトリで Issue を作成できます。

You can open a new issue based on code from an existing pull request. For more information, see "Opening an issue from code."

If you're using a project board to track and prioritize your work, you can convert project board notes to issues. For more information, see "Adding notes to a project board."

Tips: Project maintainers can choose to:

  • Create an issue template for a repository. Templates include prompts for information in the body of an issue. For more information, see "About issue and pull request templates."
  • Disable issues for a repository. For more information, see "Disabling issues." Pull requests can't be turned off and are always available.
  1. GitHub Enterprise で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Issules] をクリックします。

    Issues タブ

  3. Click New issue.

    New Issues button

  4. If there are multiple issue types, click Get started next to the type of issue you'd like to open.

    Select the type of issute you want to create

  5. Issue のタイトルと説明を入力します。

    サンプルの Issue

  6. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、ラベルを適用したりできます。

  7. プロジェクトのメンテナーは、Issue を誰かに割り当てたり、Issue をプロジェクトボードに追加したり、Issue をマイルストーンに関連付けたり、ラベルを適用したりできます。

Further reading

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください