ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-01-22. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

ウィキについて

リポジトリのドキュメンテーションをウィキでホストして、他者が利用してプロジェクトにコントリビュートすることを可能にできます。

ウィキは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。

すべての GitHub Enterprise リポジトリには、ウィキと呼ばれる、ドキュメンテーションをホストするセクションが付属しています。 リポジトリのウィキは、プロジェクトの利用方法、設計方法、中核的な原理など、プロジェクトに関する長いコンテンツを共有するために利用できます。 README ファイルは、プロジェクトができることを手短に述べますが、ウィキを使えば追加のドキュメンテーションを提供できます。 詳細は「README について」を参照してください。

ウィキでは、GitHub Enterprise のあらゆる他の場所と同じようにコンテンツを書くことができます。 詳細は「GitHub で書き、フォーマットしてみる」を参照してください。私たちは、さまざまなフォーマットを HTML に変更するのに私たちのオープンソースマークアップライブラリを使っているので、Markdown あるいはその他任意のサポートされているフォーマットで書くことができます。

パブリックリポジトリ内のウィキはパブリックに利用でき、プライベートリポジトリではリポジトリにアクセスできる人々に限定されます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

ウィキは、GitHub Enterprise 上で直接編集することも、ウィキのファイルをローカルで編集することもできます。 デフォルトでは、リポジトリに書き込みアクセスを持っている人だけがウィキを変更できますが、パブリックリポジトリ内のウィキには GitHub Enterprise 上の誰もがコントリビューションできるようにすることができます。 詳細は「ウィキへのアクセス権限を変更する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください