ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-01-22. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

2 要素認証リカバリ方法を設定する

2 要素認証のクレデンシャルを紛失した場合に備え、アカウントへのアクセスを回復するさまざまな方法を設定できます。

2 要素認証リカバリコードを安全に保管することに加え、別のリカバリ方法を 1 つ以上設定することを強くおすすめします。

このガイドの内容

2 要素認証リカバリコードのダウンロード

2 要素認証を設定するときに、2 要素認証リカバリコードをダウンロードして保存してください。電話でのアクセスができなくなった場合にはこのリカバリコードを使って GitHub Enterprise の認証を受けることができます。 また、2 要素認証の有効化後は、リカバリコードをいつでもダウンロードできます。

アカウントを安全に保つため、リカバリコードを共有や配布しないでください。 以下のような、安全なパスワードマネージャで保存することをおすすめします:

新しいリカバリコードを生成するか、2 要素認証を無効化してから再有効化すると、セキュリティ設定にあるリカバリコードが自動的に更新されます。

  1. 任意のページの右上で自分のプロフィール画像をクリックし、[Settings] をクリックします。

    ユーザバーの設定アイコン

  2. ユーザ設定のサイドバーで [Security] をクリックします。

    セキュリティ設定のサイドバー

  3. [Recovery codes(リカバリコード)] の隣の Show(表示)をクリックします。

    リカバリコードの表示ボタン

  4. リカバリコードを安全な場所に保存します。 リカバリコードは、アカウントにアクセスできなくなった場合に、再びアクセスするために役立ちます。

    • リカバリコードをデバイスに保存するには、[Download] をクリックします。
    • リカバリコードのハードコピーを保存するには、[Print] をクリックします。
    • パスワードマネージャーに保存するためにリカバリコードをコピーするには [Copy] をクリックします。
      コードのダウンロード、印刷、コピーのオプションがある、リカバリコードのリスト

リカバリコードのセットを新しく生成する

アクセス回復のためにリカバリコードを一度使うと、再利用はできません。 16 個のリカバリコードをすべて使った場合は、別のコードのリストを生成できます。 リカバリコードのセットを新しく生成すると、以前生成したコードはすべて無効になります。

  1. 任意のページの右上で自分のプロフィール画像をクリックし、[Settings] をクリックします。

    ユーザバーの設定アイコン

  2. ユーザ設定のサイドバーで [Security] をクリックします。

    セキュリティ設定のサイドバー

  3. [Recovery codes(リカバリコード)] の隣の Show(表示)をクリックします。

    リカバリコードの表示ボタン

  4. リカバリコードのセットを新しく作成するには、[Generate new recovery codes] をクリックします。

    [Generate new recovery codes] ボタン

セキュリティキーを追加の 2 要素認証方式として設定する

2 要素認証の二次的な方法としてセキュリティキーを設定し、そのセキュリティキーを使ってアカウントへのアクセスを回復することができます。 詳しい情報については、「2 要素認証を設定する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください