ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

リポジトリを移譲する

他のユーザや Organization アカウントにリポジトリを移譲できます。

このガイドの内容

リポジトリの移譲について

リポジトリを新たなオーナーに移譲すると、そのオーナーはすぐにリポジトリの内容、Issue、プルリクエスト、リリース、プロジェクトボード、そして設定を管理できるようになります。

リポジトリ移譲の前提条件

リポジトリと共に移譲されるものは?

リポジトリを移譲すると、その Issue、プルリクエスト、ウィキ、Star、そして Watch しているユーザも移譲されます。 移譲されたリポジトリに webhook、サービス、あるいはデプロイキーが含まれている場合、移譲が完了した後もそれらは関連付けられたままになります。 コミットに関する Git の情報は、コントリビューションを含めて保持されます。 加えて、

詳細は「リモートの URL を変更する」を参照してください。

リポジトリの移譲および Organization

Organization にリポジトリを移譲するには、受け取る Organization でのリポジトリ作成許可を持っている必要があります。 Organization のオーナーが Organization のメンバーによるリポジトリ作成を無効化している場合、Organization のオーナーだけが、その Organization に対して、または、Organization からリポジトリを移譲できます。

Organization にリポジトリが移譲されたら、Organization のデフォルトのリポジトリ許可設定およびデフォルトのメンバーシップの権利が、移譲されたリポジトリに適用されます。

個人アカウントが所有しているリポジトリを移譲する

リポジトリの移譲を受け入れるどのユーザアカウントにも、リポジトリを移譲できます。 2つのユーザアカウントの間でリポジトリを移譲した場合、当初のリポジトリコードオーナーとコラボレーターは、新しいリポジトリにコラボレーターとして自動的に追加されます。

  1. GitHub Enterprise で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  3. Click Transfer(移譲)をクリックしてください。

    移譲ボタン

  4. 警告を読み、リポジトリ名を入力して行ったことを確認してください。

  5. 新しいオーナーの名前を入力し、I understand, transfer this repo(理解しました。このリポジトリを移譲してください)をクリックしてください。

    Transfer button

Organization が所有しているリポジトリを移譲する

Organization のコードオーナー権限、または、そのリポジトリの 1 つの管理者権限を有している場合、Organization が所有しているリポジトリを個人ユーザアカウントや他の Organization に移譲できます。

  1. リポジトリのある Organization で管理者またはオーナー権限を有している個人ユーザアカウントにサインインします。

  2. GitHub Enterprise で、リポジトリのメインページへ移動します。

  3. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  4. Click Transfer(移譲)をクリックしてください。

    移譲ボタン

  5. 警告を読み、リポジトリ名を入力して行ったことを確認してください。

  6. 新しいオーナーの名前を入力し、I understand, transfer this repo(理解しました。このリポジトリを移譲してください)をクリックしてください。

    Transfer button

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください