ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

フィルターを共有する

一定の Issue およびプルリクエストをフィルタリングする場合、ブラウザの URL は、次の表示にマッチするように自動的に更新されます。

Issue が生成した URL は、どのユーザにも送れます。そして、あなたが見ているフィルタビューと同じフィルタで表示できます。

たとえば、Hubot にアサインされた Issue でフィルタリングし、最も古いオープン Issue でソートした場合、あなたの URL は、次のように更新されます:

/issues?q=state:open+type:issue+assignee:hubot+sort:created-asc

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください