ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

新しい SSH キーを生成して ssh-agent に追加する

既存の SSH キーをチェックした後、新しい SSH キーを生成して認証に使用し、ssh-agent に追加できます。

SSH キーをまだお持ちでない場合は、新しい SSH キーを生成する必要があります。 SSH キーを持っているかどうかわからない場合は、既存のキーをチェックします。

SSH キーを使用するたびにパスフレーズを再入力したくない場合は、キーを SSH エージェントに追加できます。これにより、SSH キーが管理されパスフレーズが記憶されます。

新しい SSH キーを生成する

  1. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  2. 以下のテキストを貼り付けます。メールアドレスは自分の GitHub Enterprise メールアドレスに置き換えてください。

    $ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"

これにより、入力したメールアドレスをラベルとして使用して新しい SSH キーが作成されます。

> Generating public/private rsa key pair.
  1. 「Enter a file in which to save the key」というメッセージが表示されたら、Enter キーを押します。 これにより、デフォルトのファイル場所が受け入れられます。

    > Enter a file in which to save the key (/Users/you/.ssh/id_rsa): [Press enter]
    > Enter a file in which to save the key (/c/Users/you/.ssh/id_rsa):[Press enter]
    > Enter a file in which to save the key (/home/you/.ssh/id_rsa): [Press enter]
    > Enter a file in which to save the key (/home/you/.ssh/id_rsa): [Press enter]
  2. プロンプトで、安全なパスフレーズを入力します。 詳細は「SSH キーのパスフレーズを使う」を参照してください。

    > Enter passphrase (empty for no passphrase): [Type a passphrase]
    > Enter same passphrase again: [Type passphrase again]

SSH キーを ssh-agent に追加する

キーを管理するために新しい SSH キーを ssh-agent に追加する前に、既存の SSH キーの確認新しい SSH キーの生成を済ませておく必要があります。 エージェントに SSH キーを追加する際、デフォルトの macOS の ssh-add コマンドを使用してください。macportshomebrew、またはその他の外部ソースによってインストールされたアプリケーションは使用しないでください。

  1. ssh-agent をバックグラウンドで起動します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566
  2. macOS Sierra 10.12.2 以降を使用している場合は、~/.ssh/config ファイルを修正して、キーが自動で ssh-agent に読み込まれ、キーチェーンにパスフレーズが記憶されるようにする必要があります。

     Host *
       AddKeysToAgent yes
       UseKeychain yes
       IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
    
  3. SSH 秘密鍵を ssh-agent に追加して、パスフレーズをキーチェーンに保存します。 キーを別の名前で作成したか、別の名前を持つ既存のキーを追加しようとしている場合は、コマンド内の id_rsa を秘密鍵ファイルの名前で置き換えてください。

    $ ssh-add -K ~/.ssh/id_rsa

    メモ: -K オプションは、ssh-add の Apple の標準バージョン内にあり、ssh-agent に SSH キーを追加する際にキーチェーンにパスフレーズを保存します。

Apple の標準バージョンをインストールしていない場合は、エラーが発生する場合があります。 このエラーの解決方法についての詳細は、「エラー: ssh-add: illegal option -- K」を参照してください。

  1. SSH キーを GitHub アカウントに追加します

GitHub Desktop(https://desktop.github.com/) をインストールしてある場合は、それを使ってリポジトリをクローンできます。その場合は SSH キーを扱わずに済みます。これにはGit Bashツールも付属しています。Git Bashは Windows で git コマンドを実行するのに推奨される方法です。

  1. ssh-agent が実行されていることを確認します:

    • GitHub Desktop と一緒にインストールされた Git Shell を使用している場合は、ssh-agent は実行されているはずです。
    • Git for Windows などの他のターミナルのプロンプトを使用している場合は、「SSH キーパスフレーズを使って作業する」の「ssh-agent の自動起動」の手順を使用するか、手動で開始します:

      # ssh-agent をバックグラウンドで起動
      $ eval $(ssh-agent -s)
      > Agent pid 59566
  2. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。 キーを別の名前で作成したか、別の名前を持つ既存のキーを追加しようとしている場合は、コマンド内の id_rsa を秘密鍵ファイルの名前で置き換えてください。

    $ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
  3. SSH キーを GitHub アカウントに追加します

  1. ssh-agent をバックグラウンドで起動します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566
  2. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。 キーを別の名前で作成したか、別の名前を持つ既存のキーを追加しようとしている場合は、コマンド内の id_rsa を秘密鍵ファイルの名前で置き換えてください。

    $ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
  3. SSH キーを GitHub アカウントに追加します

  1. ssh-agent をバックグラウンドで起動します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566
  2. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。 キーを別の名前で作成したか、別の名前を持つ既存のキーを追加しようとしている場合は、コマンド内の id_rsa を秘密鍵ファイルの名前で置き換えてください。

    $ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
  3. SSH キーを GitHub アカウントに追加します

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください