ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.16

non-fast-forward エラーの扱い

時として、Git はリモートリポジトリへの変更の際、コミットに失敗することがあります。 その場合、プッシュが拒否されます。

別の人が同じブランチにすでにプッシュしてしまった場合、Git はあなたの変更をプッシュできません:

$ git push origin master
> To https://hostname/USERNAME/REPOSITORY.git
>  ! [rejected]        master -> master (non-fast-forward)
> error: failed to push some refs to 'https://hostname/USERNAME/REPOSITORY.git'
> To prevent you from losing history, non-fast-forward updates were rejected
> Merge the remote changes (e.g. 'git pull') before pushing again.  See the
> 'Note about fast-forwards' section of 'git push --help' for details.

これを修正するには、リモートブランチで行った変更を、ローカルで行った変更にフェッチおよびマージします:

$ git fetch origin
# オンラインリポジトリへの更新をフェッチする
$ git merge origin YOUR_BRANCH_NAME# オンラインで行われた更新をローカル作業にマージする

または、単純に git pull を使用して両方のコマンドを一度に実行できます:

$ git pull origin YOUR_BRANCH_NAME# オンライン更新をつかみ、ローカル作業にマージする

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください