ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.15

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2019-10-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

高度な Git コマンドを使用する

作者情報の変更

既存のコミットに記録された名前やメールアドレスを変更するには、Git リポジトリの履歴全体を書き換える必要があります。

Gitリベースについて

git rebase コマンドを使えば、一連のコミットを容易に修正し、リポジトリの履歴を変更できます。 コミットの順序を変更したり、編集したり、まとめて squash できます。

コマンドラインで Git リベースを使う

コマンドラインで、「git rebase」を使うための簡単なチュートリアルです。

Git リベース後のマージコンフリクトを解決する

git rebase 操作を実行するときに、通常ではコミットを移動しています。 このため、マージコンフリクトが発生する状況に陥る可能性があります。 つまり、同じファイルで 2 つのコミットにより同じ行が変更されたため、Git はどちらの変更を適用するのかわからないということです。

Gitのサブツリーのマージについて

複数のプロジェクトを単一のリポジトリで管理する必要がある場合、サブツリーマージを使ってすべての参照を扱うことができます。

サブフォルダを新規リポジトリに分割する

Git リポジトリ内のフォルダを、全く新しいリポジトリに変更できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください