ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.15

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2019-10-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

プロジェクトボードを管理する

プロジェクトボードを使用すると、Issue とプルリクエストを編成し、リポジトリまたは Organization 全体のワークフローを管理することができます。

プロジェクトボードについて

GitHub Enterpriseのプロジェクトボードは、作業を整理して優先順位付けするための役に立ちます。 プロジェクトボードは、特定の機能の作業、包括的なロードマップ、さらにはリリースのチェックリストのためにも作成できます。 プロジェクトボードを使うと、要求に適したカスタマイズされたワークフローを作成する柔軟性が得られます。

プロジェクトボードの作成

プロジェクトボードは、特定機能の働きの追跡と優先度付け、総合的なロードマップ、さらにはリリースチェックリストなど、ニーズを満たすカスタマイズワークフローを作成するために使用できます。

プロジェクトボードの編集

既存のプロジェクトボードのタイトルと説明を編集できます。

リポジトリをプロジェクトボードにリンクする

リポジトリを、Organization またはユーザのアカウントのプロジェクトボードにリンクすることができます。

プロジェクトボードの自動化について

プロジェクトボードカードのステータスを関連するIssueやプルリクエストと同期させておくために、自動化されたワークフローを設定できます。

プロジェクトボードの自動化を設定する

指定したイベントが発生した時に Issue やプルリクエストをプロジェクトボードに移動させるよう、自動化されたワークフローを設定できます。

プロジェクトボードをクローズする

プロジェクトボードのタスクをすべて完了したか、プロジェクトボードを使う必要がなくなった場合、そのプロジェクトボードをクローズできます。

クローズされたプロジェクトボードを再びオープンする

クローズされたプロジェクトボードを再びオープンして、プロジェクトボードに設定されているワークフロー自動化を再開することができます。

プロジェクトボードの削除

既存のプロジェクトボードのコンテンツにアクセスする必要がない場合、削除することができます。

リポジトリ内のプロジェクトボードを無効化する

自分や自分のチームが異なる方法で作業管理をしている場合、リポジトリの管理者はリポジトリのプロジェクトボードをオフにできます。

Organization のプロジェクトボードを無効化

Organization オーナーは Organization 全体のプロジェクトボードおよび Organization 内にあるリポジトリのプロジェクトボードをオフにできます。

プロジェクトボードの表示設定の変更

Organization のオーナーあるいはプロジェクトボードの管理者は、プロジェクトボードをパブリックまたはプライベートに設定できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください