ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.15

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2019-10-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub でファイルを管理する

GitHub Enterprise では、リポジトリでファイルの作成、編集、移動、削除が可能です。

新しいファイルの作成

GitHub Enterprise上で書き込みアクセスを持つリポジトリであればどこにでも直接、新しいファイルを作成できます。

ファイルをリポジトリに追加する

既存のファイルを GitHub Enterpriseのリポジトリにアップロードおよびコミットできます。 ファイルツリー中のいずれかのディレクトリにファイルをドラッグアンドドロップするか、リポジトリのメインページからファイルをアップロードしてください。

ファイルを新しい場所に移動する

編集中のファイルは、たとえディレクトリが存在していない場合でも、リポジトリ内のどこにでも移動することができます。

リポジトリのファイルを編集する

ファイルエディタを使用しているすべてのリポジトリについて、GitHub Enterprise でファイルを直接編集できます。

他のユーザーのリポジトリ内のファイルを編集する

他のユーザーのリポジトリ内のファイルを編集する際は、自動でリポジトリがフォークされ、プルリクエストがオープンされます。

ファイルの変更を追跡する

ファイルの行に対する変更を追跡し、時間の経過とともにファイルの各部分がどのように変化したのかを追跡できます。

ファイルを削除する

GitHub Enterprise のリポジトリにあるファイルはどれも削除できます。

READMEで空のリポジトリを初期化する

README ファイルを追加することによって空のリポジトリをセットアップできます。

ファイルの名前を変更する

GitHub Enterpriseでは、リポジトリにあるファイルの名前を直接変更できます。 ファイルの名前を変更することで、ファイルを新しい場所に移動する機会も得られます。

ファイルへのパーマリンクを取得する

使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス でファイルを表示する際に y キーを押すと、URL を、表示されているファイルと完全に同じバージョンへのパーマリンクへと更新できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください