ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.15

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2019-10-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub Pages での絵文字

Jekyll のページや POST では、GitHub Enterprise のリポジトリでのコメントや Issue と同様に、絵文字を使用できます。

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。

セットアップ

絵文字を有効化するには、次の行をサイトの _config.yml ファイルに追加する必要があります。

plugins:
- jemoji

_config.yml ファイルがないなら、GitHub Pages リポジトリのルートに作成しなければなりません。詳細は Jekyll の公式プラグインのドキュメンテーションを参照してください。

使い方

Jekyll の POST またはページでも、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス の他の場所のときと同様に絵文字を使用できます。

ローカルでのテスト

絵文字の出力をローカルでプレビューするには:

メモ: 現在、絵文字はページと POST の本文でのみサポートされています。 インクルード、レイアウト、その他のコンテンツのソース内部で絵文字を使用しても、正しくレンダリングされない場合があります。

詳しい情報については、The Jemoji Gem を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください