ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.15

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2019-10-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

ファイルの削除

GitHub Enterprise のリポジトリにあるファイルはどれも削除できます。

参考: あなたがアクセス権のないリポジトリにあるファイルを削除しようとすると、Github はそのプロジェクトをあなたのユーザアカウントにフォークします。あなたはそこで変更をコミットし、オリジナルのリポジトリにプルリクエストを送信できます。

  1. リポジトリ内で削除対象のファイルを見つけます。

  2. ファイルの先頭にある をクリックします。

  3. ページの下部で、ファイルに行った変更について述べた短く意味のあるコミットメッセージを入力してください。コミットメッセージ内でコミットを複数の作者に関連付けることができます。詳細は「複数の共同作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  4. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを現在のブランチに追加するか、新しいブランチを作成するかを判断してください。現在のブランチが master なら、コミットに新しいブランチを作成することにして、プルリクエストを作成してください。

    Commit branch options

  5. [Propose file change] をクリックします。

    ファイルの変更を提案 ボタン

注意: Git はバージョン管理システムであるため、後でファイルを復元したいときのために常にバックアップを取っています。 ただし、機密性の高いファイルを誤ってコミットしてしまったなど、何らかの理由により本当にどうしてもリポジトリからファイルを完全に削除する必要がある場合は、機密性の高いデータの削除に関する記事の手順に従ってください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください