ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プロジェクトへの変更のコミットやレビュー

GitHub Desktopでは、ファイルを編集すると、全ての変更が追跡されます。 有意義なコミットを作成するために、変更のまとめ方を決めることができます。

ここには以下の内容があります:

コミットについて

ファイルの保存と同様に、コミットは、ブランチにある1つ以上のファイルの変更です。 Gitは、各コミットに次の情報を追跡するSHA、またはハッシュという固有のIDを割り当てます。

  • 具体的な変更
  • 変更時間
  • 変更者

コミットするときは、変更を簡潔に説明するコミットメッセージを含める必要があります。 共同作業しているコミットに共著者を追加することもできます。

1. ブランチの選択と変更の実行

  1. 新規ブランチを作成するか、ツールバーにあるCurrent Branchをクリックし、既存ブランチをリストから選択します。
    現在のブランチを切り替えるドロップダウンメニュー
  2. Atomなどの好きなエディタを使って、プロジェクト内のファイルに必要な変更を加えてください。

2. コミットに含める変更の選択方法

テキストエディタでファイルに変更を加えて保存していくと、変更は、GitHub Desktopにも反映されます。

  • 赤いアイコンは、削除されたファイルを表します。
  • 黄色のアイコンは変更されたファイルを表します。
  • 緑のアイコンは、追加されたファイルを表します。
  • stash した変更にアクセスするには、[Stashed Changes] をクリックします。 [Stash changes] オプション
  • すべてのファイルのすべての変更を 1 つのコミットに追加するには、リストの上部にあるチェックボックスを選択しておいてください。

チェックボックスを選択して、変更されたすべてのファイルをコミットします

  • 1つ以上のファイルのすべての変更を 1つのコミットに追加するには、含めたくないファイルの隣のチェックボックスを解除し、コミットに含めたいファイルだけを残してください。 ファイルを選択した状態でスペースバーまたはEnterキーを押すと、チェックボックスの選択と解除を切り替えることができます。

コミットするファイルの横のチェックボックスを選択します

部分的なコミットの作成方法

1つのファイルに複数の変更があり、一部だけをコミットに含めたい場合は、部分的なコミットを作成できます。 追加変更やコミットできるように、他の変更はそのまま残ります。 これにより、改行の変更をコードや構文の変更から区別するなど、個別で有意義なコミットの作成が可能になります。

ファイルのdiffを確認するとき、コミットに含まれる行は青色で強調表示されます。 変更を除外するには、青色が消えるように変更された行をクリックします。

ファイルで選択解除された行

変更の廃棄

1つのファイルや複数のファイルのコミットされていない全ての変更の廃棄、または最新コミット以降の全てのファイルの全ての変更の廃棄ができます。

  1. 変更されたファイルのリスト中で、最後のコミット以降の変更を破棄したいファイルオを選択してください。 複数のファイルを選択するには、shiftを押して変更を破棄したいファイルの範囲をクリックしてください。

    変更を破棄する複数のファイルの選択

  2. Discard Changes(変更を破棄)あるいはDiscard Selected Changes(選択された変更を破棄)をクリックし、1つ以上のファイルへの変更を破棄するか、 Discard All Changes(すべての変更を破棄)をクリックして最後のコミット以降のすべてのファイルへの変更を破棄してください。

    コンテキストメニュー内の [Discard Changes] オプション

  3. 変更を確認するには、影響を受けるファイルをレビューしてDiscard Changes(変更を破棄)をクリックしてください。

    確定ダイアログ内の [Discard Changes] ボタン

ヒント:廃棄した変更は、Trash内の日付付きファイルに保存され、Trashが空になるまでは復元できます。

  1. 変更されたファイルのリスト中で、最後のコミット以降の変更を破棄したいファイルオを選択してください。 複数のファイルを選択するには、shiftを押して変更を破棄したいファイルの範囲をクリックしてください。

    変更を破棄する複数のファイルの選択

  2. Discard Changes(変更を破棄)あるいはDiscard Selected Changes(選択された変更を破棄)をクリックし、1つ以上のファイルへの変更を破棄するか、 Discard All Changes(すべての変更を破棄)をクリックして最後のコミット以降のすべてのファイルへの変更を破棄してください。

    コンテキストメニュー内の [Discard Changes] オプション

  3. 変更を確認するには、影響を受けるファイルをレビューしてDiscard Changes(変更を破棄)をクリックしてください。

    確定ダイアログ内の [Discard Changes] ボタン

ヒント:廃棄した変更は、Recycle Bin内のファイルに保存され、空になるまでは復元できます。

3. コミットメッセージの入力と変更のプッシュ

コミットに含めたい変更を決めたら、コミットメッセージを入力して変更をプッシュします。 コミットで共同作業した場合、コミットに 1 人以上の作者を追加できます。

  1. 変更のリストの下のSummary(サマリー)フィールドに短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 Description(説明)フィールドに、変更に関するさらに詳しい情報を追加することもできます。

    Commit messageフィールド

  2. オプションとして、コミットに別の作者を追加するには、共作者を追加するアイコンをクリックし、追加するユーザ名を入力します。

    コミットメッセージに共作者を追加

  3. Description(説明)フィールドの下で、Commit to BRANCH(ブランチにコミット)をクリックしてください。

    [Commit] ボタン

  4. If the branch you're trying to commit to is protected, Desktop will warn you.

    • To move your changes, click switch branches.
    • To commit your changes to the protected branch, click Commit to BRANCH.

    For more information about protected branches, see "About protected branches".

    Protected branch warning

  5. Push origin(originのプッシュ)もしくはForce push origin(originのフォースプッシュ)をクリックして、変更をリモートへプッシュしてください。

    プッシュボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください