ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

フォークを使って作業する

フォークは、GitHub のオープンソース開発でよく使われます。

フォークについて

フォークはユーザが管理するリポジトリのコピーです。 フォークを使えば、オリジナルのリポジトリに影響を与えることなくプロジェクトへの変更を行えます。 オリジナルのリポジトリから更新をフェッチしたり、プルリクエストでオリジナルのリポジトリに変更をサブミットしたりできます。

フォークにリモートを設定する

オリジナルのリポジトリと フォーク内の変更を同期する ため、Git の上流リポジトリをポイントするリモートを設定する必要があります。 これにより、オリジナルのリポジトリ内で行った変更をフォークと同期することもできるようになります。

フォークを同期する

リポジトリのフォークを最新に保つために上流リポジトリと同期します。

上流リポジトリをフォークにマージする

上流リポジトリに対するプッシュ (書き込み) アクセスがない場合でも、そのリポジトリから自分のフォークにコミットをプルできます。

フォークから作成されたプルリクエストのブランチへの変更の許可

コラボレーションをさらに推進するために、フォークから作成したブランチへのコミットを許可できます。 フォークしたブランチへのコミットの権限は、フォークの上流リポジトリへのプッシュアクセスを持っている人に限られます。

リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?

リポジトリを削除したり、その可視性を変更したりすると、そのリポジトリのフォークに影響します。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください