ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

私のディスク容量はいくつですか?

GitHub では、ユーザディスクの容量は特に決められていません。 私たちは、すべての Git リポジトリに対して十分な容量を提供するよう努めています。ただし、ファイルとリポジトリのサイズにはハードリミットがあります。 リポジトリを小さく保つことで、サーバーは速くなり、ユーザーにとって、ダウンロードは速くなります。

参考: 定期的に大きなファイルを GitHub にプッシュするなら、Git Large File Storage (Git LFS) をワークフローの一部として導入することを検討してください。Git LFS は GitHub Flow ともうまく動作し、種類を問わずどのような大きいファイルでも利用できます。詳細は「大きなファイルのバージョン付け」を参照してください。

ファイルとリポジトリのサイズ制限

リポジトリはそれぞれ 1GB 未満にすることをおすすめします。 リポジトリのハードリミットは 100GB です。 75GB に達すると、プッシュ時に Git からの警告がターミナルに表示されます。 大きなファイルがリポジトリから除外されている場合は、この制限内に収めるのは簡単です。 リポジトリが 1GB を超えている場合、GitHub サポートから、リポジトリの容量を抑えるよう依頼するメールが届くことがあります。

さらに、サイズが 100 MB を超えるファイルには厳密な制限を設けています。 詳細は「大きなファイルを使って作業する」を参照してください。

メモ: ブラウザ経由でリポジトリにファイルを追加する場合、そのファイルは 25 MB 以下でなければなりません。 詳細は「ファイルをリポジトリに追加する」を参照してください。

バックアップ

Git は、バックアップツールとして十分機能するようには設計されていません。 一方、ArqCarboniteMozyCrashPlan といった、バックアップの実行のために開発された、定評ある多くのソリューションがあります。

データベースダンプ

大きな SQL ファイルは、Git のようなバージョン管理システムではうまく動きません。 開発者に最新の本番データセットを提供する場合は、Dropbox を使用して開発者間でこれらのファイルを共有することをお勧めします。

本番サーバーをバックアップする場合は、上記の「バックアップ」セクションを参照してください。

外部依存関係

Git リポジトリが大きくなり肥大化するもう 1 つの要因は、外部依存関係です。 これらのファイルをリポジトリから除外し、代わりにパッケージマネージャを使用するのが最善です。 最も人気のある言語には、これを行うことができるパッケージマネージャが付属しています。 BundlerNode のパッケージマネージャおよび Maven。 それらは、それぞれ Git リポジトリを直接使用することもサポートしているので、あらかじめパッケージ化されたソースは必要ありません。

パッケージリリースバージョン

リポジトリ内にコンパイルされたコードとプレパッケージされたリリースを配布することをおすすめしません。 大きなファイルの共有の詳細については、「大きなバイナリを配布する」を参照してください。

既存のリポジトリの履歴

非常に大きいリポジトリをすでに持っている場合でも、心配しないでください。 サイズを小さくするために、リポジトリの履歴から大きなファイルを削除することができます。 詳細は「リポジトリの履歴からファイルを削除する」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください