ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git Large File Storage の使用状況を表示する

アカウントの毎月の帯域幅容量と Git LFS の残りの容量を監査できます。

帯域とストレージの利用量は、リポジトリのオーナーの容量に対してのみカウントされます。フォークでは、帯域とストレージの利用量はリポジトリネットワークのルートに対してカウントされます。リポジトリに対する書き込みアクセスを持つ人は、その人自身の個人の帯域やストレージの容量に影響したり、データパックを購入したりすることなくファイルを Git LFS にプッシュできます。リポジトリのフォークやプルは、親リポジトリの帯域制限に対してカウントされます。 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

このガイドの内容

個人アカウントのストレージと帯域幅の使用状況を表示する

  1. 任意のページの右上で自分のプロフィール画像をクリックし、[Settings] をクリックします。

    ユーザバーの設定アイコン

  2. ユーザ設定のサイドバーで [Billing] をクリックします。

    支払いの設定

  3. To view details of your bandwidth and storage usage, next to "Git LFS Data", click .

    Details of Git LFS data usage

Organization のストレージと帯域幅の使用状況を表示する

Only organization members with the owner or billing manager role can access or change billing settings for your organization.

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. プロフィールページの左側で、[Organizations] の下にある Organization のアイコンをクリックしてください。

    Organization のアイコン

  2. Organization 名の下で、 [Settings] をクリックします。

    Organization の設定ボタン

  3. OrganizationのSettings(設定)サイドバーで Billing(支払い) をクリックしてください。

    支払いの設定

  4. To view details of your bandwidth and storage usage, next to "Git LFS Data", click .

    Details of Git LFS data usage

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください