ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GitHub Pages で静的サイトジェネレータとして Jekyll を使う

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

GitHub Pages で静的サイトジェネレータとして Jekyll を使用する場合は、サイトの設定、更新、およびトラブルシューティングにおいて、より多くのサポートが得られます。

GitHub PagesとJekyllについて

通常のHTMLコンテンツのサポートに加えて、GitHub Pagesは広く使われている静的サイトジェネレータであるJekyllをサポートしています。

GitHub上のJekyllテーマについて

Jekyllテーマをインストールすれば、CSSファイルを編集したりコピーすることなくGitHub Pagesサイトのデザインをカスタマイズできます。 Jekyllテーマは、SCSS、SASS、画像、CoffeeScriptといったアセットフォルダに保存されるあらゆるファイルを含め、サイトのデザインを変更するのに必要なファイルをパッケージ化したものです。

GitHub PagesサイトへのJekyll テーマの追加

GitHub Pages サイトの _config.yml ファイルを編集して、Jekyll テーマを追加できます。

Jekyllテーマ選択画面でGitHub PagesサイトにJekyllテーマを追加する

GitHub Pagesサイトの作成、あるいは既存の GitHub Pagesサイトのテーマ変更に Jekyll テーマ選択画面を使うことができます。

Jekyll テーマ内の CSS および HTML のカスタマイズ

Jekyll テーマにカスタムスタイルを追加してテーマのレイアウトを変更することで、GitHub Pages サイトをカスタマイズできます。

Jekyll を使用して GitHub Pages サイトをローカルでセットアップする

ローカルでサイトへの変更をテストするために、Jekyll GitHub Pages サイトのローカルバージョンをセットアップできます。 サイトをプレビューし失敗した Jekyll のビルドの問題解決をサポートするために、Jekyll のインストールを強く推奨します。

Jekyll を設定する

Jekyll の設定のほとんどは、_config.yml ファイルを編集して設定できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください