ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Importer でコミット作者属性を更新する

インポートの間、コミット作者の GitHub アカウントのリポジトリのコミットにマッチングできます。

GitHub Importer は、インポートしているリポジトリのコミット作者のメールアドレスにマッチする GitHub ユーザを探します。 次に、お客様は、そのメールアドレスまたは作者の GitHub ユーザ名を使って、コミットをその作者に接続することができます。

コミット作者を更新する

  1. リポジトリをインポートした後、インポートステータスページで [Match authors] をクリックします。
    [Match authors] ボタン
  2. 更新したい情報のある作者の横にある [Connect] をクリックします。
    コミット作者のリスト
  3. 作者のメールアドレスまたは GitHub ユーザ名を入力し、Enter を押します。

パブリックメールアドレスのある GitHub ユーザにコミットを属させる

あなたがインポートしたリポジトリのコミット作者が、コミットを作成するのに使用したメールアドレスと関連する GitHub アカウントを持っている場合、かつ、そのコミットメールアドレスをプライベートに設定していない場合、GitHub Importer は、GitHub アカウントに関連付けられているパブリックメールアドレスを、コミットに関連付けられているメールアドレスにマッチングし、そのコミットを GitHub アカウントに属性付けします。

パブリックメールアドレスのない GitHub ユーザにコミットを属させる

あなたがインポートしたリポジトリのコミット作者が、GitHub プロフィールでパブリックメールアドレスを設定しておらず、かつ、コミットメールアドレスをプライベートに設定していない場合、GitHub Importer は、GitHub アカウントを、コミットに関連付けられているメールアドレスにマッチングできない場合があります。

このことを、コミット作者はメールアドレスをプライベートに設定することで解決できます。 コミットは、 <username>@users.noreply.github.comに属するものとなり、インポートされたコミットは、GitHub アカウントに関連付けられます。

メールアドレスを使ったコミットの属性付け

作者のメールアドレスが GitHub アカウントに関連付けられていない場合、インポート後、アカウントにアドレスを追加し、コミットを正しく属性付けできます。

作者が GitHub アカウントを所有していない場合、GitHub Importer は、コミットをコミットに関連するメールアドレスに属性付けできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください