ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

検索構文を理解する

GitHub の検索では、特定の数字や単語にマッチするクエリを作成できます。

ある値より大きいまたは小さい値のクエリ

>>=<<= などを使って、他の値に対する値の大なり、大なりイコール、小なり、または、小なりイコールでの検索を行えます。

クエリ サンプル
> n cats stars:>1000 は、1000 を超える Star のある、「cats」という単語があるリポジトリにマッチします。
>= n cats topics:>=5 は、トピックが 5 つ以上ある、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。
< n cats size:<10000 は、10 KB のファイルで、「cats」という単語があるコードにマッチします。
<= n cats stars:<=50 は、50 以下の Star があり、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。

他の値に対する値の大なり、大なりイコール、小なり、または、小なりイコールでの検索は、range queries を使って実行することもできます。

クエリ サンプル
n ..* cats stars:10..* は、stars:>=10 と同様に、10 以上の Star のある、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。
*.. n cats stars:*..10 は、stars:<=10 と同様に、Star が 10 以下で、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。

一定範囲にある値のクエリ

<em>n</em>..<em>n</em> という範囲構文を使って、範囲内の値を検索できます。最初の番号 n が最小値で、二番目が最大値です。

クエリ サンプル
n .. n cats stars:10..50 は、Star が 10 から 50 までの間の数の、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。

日付のクエリ

>>=<<=range queries を使って、他の日より前または後の日付や、一定の範囲内の日付を検索できます。 日付の形式はISO8601 標準に従い、YYYY-MM-DD (年-月-日)とする必要があります。

クエリ サンプル
> YYYY - MM - DD cats created:>2016-04-29 は、2016 年 4 月 29 日より後に作成された、「cats」という単語のある Issue にマッチします。
>= YYYY - MM - DD cats created:>=2017-04-01 は、2017 年 4 月 1 日以降に作成された、「cats」という単語を含む Issue にマッチします。
< YYYY - MM - DD cats pushed:<2012-07-05 は、2012 年 7 月 5 日より前にプッシュされた、リポジトリに「cats」という単語のあるコードにマッチします。
<= YYYY - MM - DD cats created:<=2012-07-04 は、2012 年 7 月 4 日以前に作成された、「cats」という単語のある Issue にマッチします。
YYYY - MM - DD .. YYYY - MM - DD cats pushed:2016-04-30..2016-07-04 は、2016 年 4 月末から 2017 年 7 月 4 日の間にプッシュされた、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。
YYYY - MM - DD ..* cats created:2012-04-30..* は、「cats」という単語を含む、2012 年 4 月 30 日より後に作成された Issue にマッチします。
*.. YYYY - MM - DD cats created:*..2012-04-30 は、「cats」という単語のある、2012 年 7 月 4 日より前に作成された Issue にマッチします。

日付の後に追加の時間情報 THH:MM:SS+00:00 を追加して、時間、分、秒で検索できるようにすることができます。これは T の後に HH:MM:SS (時-分-秒)、そして UTC のオフセット (+00:00) を続けます。

クエリ サンプル
YYYY - MM - DD T HH : MM : SS + 00 : 00 cats created:2017-01-01T01:00:00+07:00..2017-03-01T15:30:15+07:00 2017 年 1 月 1 日午前 1 時(世界協定時+7時間)と 2017 年 3 月 1 日午後 3 時(世界協定時 +7時間)の間に作成された Issue にマッチします。
YYYY - MM - DD T HH : MM : SS Z cats created:2016-03-21T14:11:00Z..2016-04-07T20:45:00Z は、2016 年 3 月 21 日午後 2 時 11 分と 2016 年 4 月 7 日 8 時 45 分の間に作成された Issue にマッチします。

一定の検索結果の除外

NOT 構文を使うことで、一定の単語を含む検索結果を除外できます。 NOT 演算子は、文字列型キーワードに限って使うことができます。 数や日付では機能しません。

クエリ サンプル
NOT hello NOT world は、「world」という単語がなく、「hello」という単語のあるリポジトリにマッチします。

検索結果を絞り込む他の方法としては、一定のサブセットを除外することです。 - のプリフィックスを修飾子に付けることで、その修飾子にマッチする全ての結果を除外できます。

クエリ サンプル
- QUALIFIER cats stars:>10 -language:javascript は、JavaScriptで書かれていない、Star が 10 を上回る、「cats」という単語のあるリポジトリにマッチします。
mentions:defunkt -org:github は、GitHub の Organization のリポジトリにはない、@defunkt をメンションする Issue にマッチします。

空白のあるクエリに引用符を使う

検索クエリに空白がある場合は引用府で囲む必要があります。 例:

スペースなど、いくつかの英数字以外の記号は、引用符で囲ったコード検索クエリから省かれるので、結果が予想外のものになる場合があります。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください