ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

SSH のトラブルシューティング

GitHub に接続して認証するために SSH を使っている場合、予期しない問題が起きてトラブルシューティングしなければならないことがあります。

HTTPS ポートを介して SSH を使用する

時々、ファイアウォールは SSH 接続を完全に許可することを拒否します。 [認証情報キャッシュを使用した HTTPS クローニング](/ articles / caching-your-github-password-in-git) を使用することが選択できない場合は、HTTPS ポート経由の SSH 接続を使用してクローン作成を試みることができます。 ほとんどのファイアウォールルールでこれを許可する必要がありますが、プロキシサーバーが干渉する可能性があります。

SSH キーのパスフレーズを回復する

SSH キーのパスフレーズをなくした場合、ご使用のオペレーティングシステムによって、リカバリができることもあれば、SSH キーのパスフレーズを新たに生成することが必要なこともあります。

SSH キーの削除または紛失

セキュリティ上の理由から、過去 1 年間使用されていない SSH キーを GitHubは自動的に削除します。

"Error: Permission denied (publickey)"

「Permission denied」エラーは、サーバーが接続を却下したことを示します。 原因はいくつか考えられますが、最も一般的な例を説明します。

"Error: Bad file number"

このエラーは通常、サーバーに接続できなかったことを示します。 よくある原因はファイアウォールとプロキシサーバーです。

"Error: Key already in use"

このエラーは、他のアカウントやリポジトリにすでに追加されているキーを追加 (/articles/adding-a-new-ssh-key-to-your-github-account) しようとする場合に発生します。

"Error: Permission to user/repo denied to other-user"

このエラーは、プッシュしているキーが、リポジトリへのアクセス権を持たないアカウントに添付されていることを示します。

"Error: Permission to user/repo denied to user/other-repo"

このエラーは、プッシュに使用しているキーが、他のリポジトリにデプロイキーとして添付されており、プッシュ先のリポジトリへのアクセス権がないことを示しています。

"Error: Agent admitted failure to sign"

ごくまれに、Linux で SSH 経由で GitHub に接続すると、「Agent admitted failure to sign using the key」というエラーが発生する場合があります。 この問題を解決するには以下の手順に従ってください。

"Error: ssh-add: illegal option -- K"

このエラーは、「ssh-add」のバージョンが、パスフレーズをキーチェーンに保管できる機能である、macOS のキーチェーンインテグレーションをサポートしていないことを意味しています。

"Error: SSL certificate problem, verify that the CA cert is OK"

このエラーは、CA ルート証明書の期限が切れていることを示しています。 CA ルート証明書を更新する必要がある場合は、GitHub リポジトリからプッシュまたはプルすることはできません。

"Error: We're doing an SSH key audit"

このエラーは、Git 操作のために使用中の SSH キーが未検証であることを意味します。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください