ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actionsを使用して継続的インテグレーションを設定する

使用したい言語とツールに一致するワークフローテンプレートを使用して、プロジェクトに継続的インテグレーションを設定することができます。

リポジトリへの書き込み権限があるユーザなら誰でも GitHub Actions を使用して継続的インテグレーション (CI) を設定することができます。

CIを設定すると、必要に応じてワークフローをカスタマイズすることができます。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Actions] をクリックします。

    メインリポジトリナビゲーション内の Actions タブ

  3. 使用したい言語とツールに一致するテンプレートを探し、[Set up this workflow] をクリックします。

    [Setup workflow] ボタン

  4. [Start commit] をクリックします。

    [Start commit] ボタン

  5. ページの下部で、ファイルに行った変更について述べた短く意味のあるコミットメッセージを入力してください。コミットメッセージ内でコミットを複数の作者に関連付けることができます。詳細は「複数の共同作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを現在のブランチに追加するか、新しいブランチを作成するかを判断してください。現在のブランチが master なら、コミットに新しいブランチを作成することにして、プルリクエストを作成してください。

    Commit branch options

  7. [Propose new file(新しいファイルを提案)] をクリックしてください。

    Propose new file ボタン

リポジトリへのプッシュを実行すると、GitHubで実行された継続的インテグレーションワークフローのステータスと詳細ログを追跡し、カスタマイズした通知を受け取ることができます。 詳細については、「GitHub Actionsに関する通知の配信方法を選択する」と「ワークフローの実行の管理」を参照してください。

Status badges show whether a workflow is currently failing or passing. A common place to add a status badge is in the README.md file of your repository, but you can add it to any web page you'd like. Badges display the status of your default branch (usually master).

詳細は「ワークフローの設定」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください