ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

カスタムサブドメインのセットアップ

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

DNS プロバイダを通じて「CNAME」レコードを作成することで、blog.example.com などのカスタムサブドメインをセットアップできます。

参考: CNAME レコードの設定で問題が生じたなら、DNS プロバイダに連絡して支援を求めてください。DNS プロバイダのサービスで、カスタムドメインが正しく設定されているか確認できます。

カスタムサブドメインに関する詳細は「サポートされているカスタムドメインについて」を参照してください。

DNS プロバイダで CNAME レコードを設定

  1. リポジトリの CNAME ファイルに追加したサブドメインのセットアップ方法の詳細については、DNS プロバイダと連絡を取ってください。

  2. DNS プロバイダの指示に従い、サブドメインがデフォルトの pages ドメインを指すようにする CNAME レコードを作成してください。たとえば www.example.com というサブドメインを所有しているなら、www.example.comYOUR-GITHUB-USERNAME.github.io を指すようにする CNAME レコードを設定できます。DNS の変更が伝播するには 1 日ほどかかり、その期間は DNS とホスティングのプロバイダによってさまざまです。

危険: GitHub Pages ではワイルドカード DNS レコード (例: *.example.com) を使わないでください。ワイルドカード DNS レコードを使うと、あなたのサブドメインの 1 つで誰でも GitHub Pages サイトをホストできるようになってしまいます。

メモ: デフォルト GitHub Pages ドメインは、あなたのページサイトの種類によって決まります。 例として、このドメインチャートを参照してください。

  1. DNSレコードが正しくセットアップされたことを確認するためには、確認するカスタムドメインに対してdigコマンドを使ってください。 Using a custom domain as an example:
$ dig docs.example.com +nostats +nocomments +nocmd
> ;docs.example.com.                     IN      A
> docs.example.com.              3592    IN      CNAME   YOUR-USERNAME.github.io.
> YOUR-USERNAME.github.io.           43192   IN      CNAME  < GITHUB-PAGES-SERVER >.
>   < GITHUB-PAGES-SERVER >.      22      IN      A       199.27.XX.XXX
  1. GitHub Pages サイトにカスタムドメインを追加します。既存のカスタムドメインを利用している場合、GitHub アカウントからまずカスタムドメインを削除し、追加しなおして、HTTPS の有効化のプロセスを開始します。詳細は「GitHub Pages サイトへのカスタムドメインの追加と削除」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください