ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization のデータへのアクセスを制限する

OAuthアプリケーション のアクセス制限により、Organization のオーナーは、信頼できないアプリが Organization のデータにアクセスすることを制限できます。 これにより、Organization のメンバーは、Organization のデータを安全に保ちながら、個人のユーザー アカウントに対して OAuthアプリケーション を使用できます。

OAuthアプリケーションのアクセス制限について

Organizationは、OAuthアプリケーションのアクセス制限を有効化することによって、どのOAuthアプリケーションがリポジトリやその他のリソースにアクセスできるかを選択できます。

Organization の OAuth App アクセス制限を有効化する

Organization のオーナーは、OAuthアプリケーション のアクセス制限を有効化して、信頼されていないアプリが Organization のリソースにアクセスするのを防止できます。その場合も Organization のメンバーは OAuthアプリケーション を個人アカウントで使用できます。

Organization の OAuth App アクセス制限の無効化

Organization のオーナーは、Organization のリソースにアクセス権を持つ OAuthアプリケーション の制限を無効化できます。

Organization 用の OAuth アプリケーションの承認

OAuthアプリケーションによる Organization のリソースへのアクセスを Organization のメンバーがリクエストしてきた場合、Organization のオーナーはそのリクエストを承認あるいは否認できます。

以前承認した OAuth App への Organization のアクセスを拒否する

以前承認した OAuthアプリケーション を Organization が必要としなくなった場合、オーナーは Organization リソースへのアプリケーションのアクセスを削除できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください