ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

CSV および TSV データをレンダリングする

GitHub では、.csv (カンマ区切り) 形式および .tsv (タブ区切り) 形式のファイルのレンダリングがサポートされています。

レンダリングされた CSV のサンプル

GitHubリポジトリにコミットされた .csv ファイルや .tsv ファイルを開くと、自動的にレンダリングされ、ヘッダや行番号を備えたインタラクティブな表として表示されます。 デフォルトでは、常に 1 番目の行がヘッダ行であるとみなされます。

行番号をクリックして特定の行にリンクすることも、Shift キーを押して複数行を選択することもできます。 あとは URL をコピーして送るだけです。

データを検索する

データセットから特定の値を見つけるには、ファイルの上にある検索バーで直接、入力を開始します。 行が自動的にフィルタリングされます。

値を検索する

エラーを処理する

時々、CSV や TSV が正常にレンダリングされないことがあります。 その場合、生テキストの末尾にエラーボックスが表示され、考えられる原因が示されます。

CSV レンダリングのエラーメッセージ

よくある原因として次のようなものがあります:

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください