ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

コンテンツを参照して引用する

サードパーティツールを使用して GitHub のコンテンツを引用したり参照したりできます。

Zenodo によってリポジトリの永続的識別子を発行する

学術文献でリポジトリを参照しやすくするため、永続的識別子 (デジタルオブジェクト識別子 (DOI) とも呼ばれます) を作成できます。 データアーカイブツール Zenodo を使用して GitHub リポジトリをアーカイブ化すれば、そのアーカイブの DOI を発行することができます。

参考:

  • Zenodo がアクセスできるのはパブリックリポジトリのみですので、アーカイブ化するリポジトリがパブリックであるようにしてください。
  • アーカイブ化するリポジトリが Organization に属している場合、Zenodo アプリケーションには、Organization のオーナーによるアクセスの承認が必要な場合があります。
  • あなたの作業成果を再利用する方法が読者にわかるよう、リポジトリにはライセンスを含めるようにしてください。
  1. Zenodo に移動します。
  2. 画面左上隅の [Log in] をクリックします。
    Zenodo ログインボタン
  3. [Log in with GitHub] をクリックします。
    GitHub によって Zenodo へログインする
  4. アクセス権限についての情報をレビューしてから、[Authorize application] をクリックします。
    Zenodo の認証
  5. Zenodo GitHub ページに移動します。
    Zenodo GitHub ページ
  6. アーカイブ化するリポジトリの名前の右にあるボタンを [Off] から [On] に切り替えて、アーカイブ化できるようにします。
    リポジトリでの Zenodo アーカイブ化の有効化

Zenodo では、新しい GitHubリリースを作成するたびに、リポジトリがアーカイブ化されて新しい DOI が発行されます。 リリースを作成するには、「リリースの作成」のステップに従ってください。

Figshare による研究素材の公表と引用

研究者はデータ管理サービス Figshare を使用して研究素材を公表したり引用したりできます。 詳しい情報については、Figshare のサポートサイトを参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください