ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする

GitHub プロフィールには、過去 1 年間のリポジトリコントリビューションのグラフが表示されます。 パブリックリポジトリのアクティビティを表示するほか、プライベートリポジトリからのアクティビティも匿名化して表示することができます。

プライベートコントリビューションを公開しても、あなたが作業しているプライベートリポジトリへのアクセス権がないユーザーがあなたのプライベートコントリビューションを見ることはできません。 かわりに、特定の日におけるプライベートコントリビューションの数だけを見ることができます。 パブリックコントリビューションには、詳細な情報が含まれます。 詳細は、「プロフィールページ上にコントリビューションを表示する」を参照してください。

プライベートコントリビューションの可視性を変更する

デフォルトでは、訪問者にはあなたのプロフィールのパブリックコントリビューションしか表示されません。

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする

    • プライベートコントリビューションを公開するには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューから [Private contributions] を選択します。 訪問者には、プライベートコントリビューションの数だけが表示され、それ以上の詳細は表示されません。
      [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする
    • プライベートコントリビューションを非公開にするには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューを使用し、[Private contributions] の選択を解除します。訪問者には、パブリックコントリビューションのみが表示されるようになります。
      [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください