ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

ページビルド失敗: Config ファイルエラー

GitHub Pages リポジトリの *_config.yml ファイル に構文エラーがある場合、GitHub Pages サイトはビルドされません。

_config.yml ファイルに構文エラーがあるために GitHub Pages サイトのビルドに失敗した場合は、次のようなメールが届きます:

件名: Page build failed

The page build failed with the following error:

You have an error on line 1 of your _config.yml file.

_config.yml 構文エラーのトラブルシューティング

参考: GitHub へプッシュする前にデバッグとビルドエラーの修正を簡単に行えるよう、Jekyll をローカルで実行 することを強くおすすめします。トラブルシューティングの選択肢についてさらに学ぶには、「GitHub Pages のビルドのトラブルシューティング」を参照してください。

_config.yml ファイルで、ビルド失敗の通知メールで参照されている行を確認します。 以下の点を確認してください:

YAML 文法チェッカー、http://codebeautify.org/yaml-validator などを使用して YAML コードを検証します。 _config.yml ファイルでパースエラーが発生した場合は、ファイルの内容をコピーして、このようなツールに貼り付け、詳細を確認します。

_config.yml ファイルで構文エラーを修正したら、変更をコミットして GitHub Pages リポジトリに再プッシュし、サーバーで次のビルドをトリガーする必要があります。

ハイライトエラーの修正

Jekyll による GitHub Pages サイトで Rouge 以外の構文ハイライト機能を使おうとすると、ページビルドの警告が出ます。 GitHub Pages は他のハイライト機能をサポートしていないため、自動的にデフォルトの Rouge が使用されます。 詳細は「GitHub Pages で構文ハイライトを使う」を参照してください。

ページビルドの警告を解決するには、_config.yml ファイルでハイライト機能の値を rouge に変更します。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ中の _config.yml にアクセスしてください。

  3. ファイルビューの右上の隅で、 をクリックしてファイルエディタを開きます。

    エディットアイコンでファイルエディタをオープン

  4. highlighter: で始まる行を探し、値を rouge に変更します。

    config.yml 内で指定されるハイライト言語 Rouge

  5. ページの下部で、ファイルに行った変更について述べた短く意味のあるコミットメッセージを入力してください。コミットメッセージ内でコミットを複数の作者に関連付けることができます。詳細は「複数の共同作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを現在のブランチに追加するか、新しいブランチを作成するかを判断してください。現在のブランチが master なら、コミットに新しいブランチを作成することにして、プルリクエストを作成してください。

    Commit branch options

  7. [Propose file change] をクリックします。

    ファイルの変更を提案 ボタン

参考リンク:

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください