ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

コードから Issue を開く

コードの特定の行または複数の行から、ファイルまたはプルリクエストで Issue を開くことができます。

コードから Issue を開くと、Issue には選択した行またはコードの範囲を示すスニペットが含まれています。 Issue を開くことができるのは、コードを保存したのと同じリポジトリでだけです。

コードから開いた Issue で表示されるコードスニペット

GitHub ユーザは誰でも、Issue が無効になっていないパブリックなリポジトリで Issue を作成できます。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. Issue で参照したいコードを探します。

    • ファイルのコードに関する Issue を開くには、そのファイルに移動します。
    • プルリクエストのコードに関する Issue を開くには、そのプルリクエストに移動し、[Files changed] をクリックします。 次に、コメントに含めたいコードを持っているファイルを探し、[View] をクリックします。
  3. 1 行あるいは範囲を選択してください。

  1. コード範囲の左で、 をクリックします。 ドロップダウンメニューで、[Open new issue] をクリックします。

    選択した行から新しい Issue を開くオプションのあるケバブメニュー

  2. Issue のタイトルと説明を入力します。

    サンプルの Issue

  3. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、ラベルを適用したりできます。

  4. プロジェクトのメンテナーは、Issue を誰かに割り当てたり、Issue をプロジェクトボードに追加したり、Issue をマイルストーンに関連付けたり、ラベルを適用したりできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください