ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GitHub ページでの @メンション

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

Jekyll ページや POST では、コメントやリポジトリの Issue の場合と同じように、@mentions を使用できます。

セットアップ

@メンションを有効化するには、次の行をサイトの _config.yml ファイルに追加する必要があります:

plugins:
  - jekyll-mentions

_config.yml ファイルがないなら、GitHub Pages リポジトリのルートに作成しなければなりません。詳細は Jekyll の公式プラグインのドキュメンテーションを参照してください。

使い方

Jekyll POST またはページでも、GitHub の他の場所のときと同様にユーザを @メンションします。

メモ: @メンションは、メンションをユーザの GitHub プロフィールにリンクします。 ただし、そのユーザに通知はされません。

ローカルでのテスト

@メンションをローカルでプレビューするには、以下のようにします:

メモ: @メンションは現在、ページと POST 本文でのみサポートされています。 インクルード、レイアウト、その他のコンテンツのソース内部で @メンションしても、正しくレンダリングされない場合があります。

詳細は「Jekyll メンション gem」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください