ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SAML シングルサインオンを使用して Organization 内のメンバー ID とアクセスを管理する

Organization の管理者は、メンバーの ID と、SAML シングルサインオンによる Organization へのアクセスを管理できます。

SAMLシングルサインオンでのアイデンティティ及びアクセス管理について

Security Assertion Markup Language(SAML)Webブラウザシングルサインオン(SSO)を使うことで、管理者はアイデンティティプロバイダを使ってユーザのアイデンティティとユーザの使うアプリケーションを管理できます。 Organizationのメンバーは、GitHubのOrganizationへのアクセスを許可するアイデンティティプロバイダで認証を行えます。

SCIM について

System for Cross-domain Identity Management (SCIM) を使うと、管理者はユーザの識別情報のシステム間での交換を自動化できます。

アイデンティティプロバイダを Organization に接続する

SAML シングルサインオンおよび SCIM を使うには、あなたのアイデンティティプロバイダを、あなたの GitHub Organization に接続する必要があります。

Organization 向けの SAML シングルサインオンを有効化してテストする

Organization のオーナーと管理者は、SAML シングルサインオンを有効にして、Organization のセキュリティを強化できます。

Organization での SAML シングルサインオンの強制を準備する

Organization で SAML シングルサインオンを強制する前に、Organization のメンバーシップを検証し、アイデンティティプロバイダへの接続文字列を設定する必要があります。

Organization で SAML シングルサインオンを施行する

Organization のオーナーと管理者は、SAML SSO を施行して Organization のすべてのメンバーがアイデンティティプロバイダを介して認証する必要があるようにできます。

Organization の SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする

Organization のアイデンティティプロバイダを利用できない場合でも変わりなく GitHub にアクセスできるよう、Organization の管理者は Organization 用に SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする必要があります。

アイデンティティプロバイダが利用できない場合の Organization へのアクセス

アイデンティティプロバイダが利用できない場合でも、Organization の管理者はシングルサインオンをバイパスし、リカバリコードを利用して GitHubにサインインできます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください