ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

メール プリファレンスの管理

GitHub アカウントに関連付けられているメール アドレスを追加または変更できます。 GitHub から受信するメールを管理することもできます。

GitHub アカウントへのメールアドレスの追加

GitHubでは、アカウントに必要なだけのメールアドレスを追加できます。 ローカルの Git にメールアドレスを設定してある場合、コミットをアカウントに接続するにはそのアドレスをアカウント設定に追加する必要があります。 メールアドレスとコミットに関する詳細は「 コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

プライマリメールアドレスの変更

ユーザアカウントに関連付けられたメールアドレスは、いつでも変更できます。

バックアップメールアドレスを設定する

プライマリメールアドレスにアクセスできなくなった場合、バックアップメールアドレスを使って安全にパスワードをリセットします。

コミットメールアドレスを設定する

編集およびマージのようなウェブベースの Git のオペレーションと関連する GitHub 上のプライマリメールアドレスを設定できます。 あるいは、個人メールアドレスをプライベートにしておくことができます。そして、Web ベースの Git オペレーションのための GitHub が提供する noreply メールアドレスを使えます。

個人のメールアドレスを公開するコマンドラインのプッシュのブロック

Web ベースの操作をする際にメールアドレスをプライベートに保つよう選択したなら、個人のメールアドレスを公開してしまうかもしれないコマンドラインのプッシュをブロックするように選択することもできます。

自分の GitHub ユーザ名またはメールアドレスを忘れた場合は

GitHub へのサインインは久しぶりでしょうか? そうであれば、改めてようこそ。 自分の GitHubユーザアカウント名を思い出せない場合は、次の方法を試してみてください。

GitHub が配信するメールの種類

GitHub から受け取るメールには、通知、アカウントの情報、マーケティングの連絡などいくつかの種類があります。

GitHub からのマーケティング メールを管理する

通知およびアカウント メールだけでなく、GitHub からは製品に関する情報やニュースを掲載したマーケティング メールもときどき届きます。 既存のマーケティング メールにサブスクライブを解除した場合は、GitHub メール設定を変更しない限り、今後のキャンペーンから除外されます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください