ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

コミット署名の検証を管理する

GPG または S/MIME を使用して、作業にローカルで署名できます。 信頼できるソースによるコミットであることを他のユーザに知らせるために、GitHub はこの署名を検証します。 GitHub は、GitHub Web インターフェイスを使用して自動的にコミットに署名します。

コミット署名の検証について

GPG あるいは S/MIME を使って、タグやコミットにローカルで署名できます。 それらのタグやコミットは検証済みとして GitHub上でマークされ、他の人々がその変更が信頼できるソースから来たものと信頼できるようになります。

既存の GPG キーの確認

GPG キーを生成する前に、GPG キーがすでに存在するかどうかを確認できます。

新しい GPG キーを生成する

既存の GPG キーがない場合は、新しい GPG キーを生成してコミットおよびタグの署名に使用できます。

GitHub アカウントへの新しい GPG キーの追加

GitHub アカウントが新しい (あるいは既存の) GPG キーを使うように設定するには、そのキーを GitHub アカウントに追加する必要もあります。

Git へ署名キーを伝える

ローカルでコミットに署名するには、使いたい GPG または X.509 キーがあることを Git に通知する必要があります。

GPG キーとメールの関連付け

GPG キーは、コミッタのアイデンティティとマッチする GitHub が検証済みのメールと関連づけられなければなりません。

コミットに署名する

GPG や S/MIME を使って、ローカルでコミットに署名できます。

タグに署名する

GPG や S/MIME を使って、ローカルでタグに署名できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください