ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Organization を安全に保つ

Organization のオーナーがプロジェクトとデータを安全に保つ方法はいくつかあります。 Organization のオーナーは、不正な、または悪意のあるアクティビティが発生していないことを確認するために、Organization の監査ログ、メンバーの 2 要素認証ステータス、そしてアプリケーション設定を定期的にレビューする必要があります。

Organization 内のユーザが 2 要素認証を有効にしているかどうかを表示する

どの Organization のオーナー、メンバー、および 外部コラボレーターが 2 要素認証を有効にしているかを確認できます。

Organization で 2 要素認証の義務化を準備する

2 要素認証を義務化する前に、予定されている変更についてユーザに通知し、どのユーザーが 2 要素認証をすでに使用しているかを確認することができます。

Organizationで 2 要素認証を必須にする

Organization のオーナーは、 Organization のメンバー、外部コラボレーター、支払いマネージャー に、それぞれの個人アカウントに対する 2 要素認証を有効にするように義務付けることで、悪意のある行為者が Organization のリポジトリや設定にアクセスしにくくすることができます。

Organization の活動に関するメール通知を承認済みのメール ドメインに制限する

Organization の情報が個人アカウントに漏れるのを防ぐために、Organization のオーナーは Organization 内の検証済みドメインにメール通知を制限できます。

Organization の Audit log をレビューする

Audit log により、Organization の管理者は Organization のメンバーによって行われたアクションをすばやくレビューできます。 これには、誰がいつ何のアクションを実行したかなどの詳細が残されます。

Organization のインストール済みインテグレーションをレビューする

Organization のインストール済みインテグレーションの権限レベルをレビューして、各インテグレーションの Organization リポジトリへのアクセス権を設定できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください