ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Importer でリポジトリをインポートする

他のバージョン管理システムにホストされているプロジェクトがある場合は、GitHub Importer ツールを使って自動的に GitHub にインポートすることができます。

参考: GitHub Importer は、すべてのインポートに適しているわけではありません。 たとえば、既存のコードがプライベート ネットワークにホストされている場合、GitHub Importer はそれにアクセスできません。 このような場合、Git リポジトリであればコマンドラインを使用したインポート、他のバージョン管理システムからインポートするプロジェクトであれば外部のソース コード移行ツールをおすすめします。

インポート中に、自分のリポジトリでのコミットを作者の GitHub ユーザ アカウントに一致させたい場合は、インポートを始める前に、リポジトリのコントリビューター全員が GitHub アカウントを持っていることを確認してください。

プロジェクトを CodePlex から移行する場合は、移行ガイド でさらに詳しい情報をご確認ください。

リポジトリには、絶対的なサイズの制限があります。詳細は「私のディスク容量はいくつですか?」を参照してください。

  1. ページの右上角で をクリックし、[Import repository] を選択します。
    [New repository] メニューの [Import repository] オプション
  2. [Your old repository's clone URL] に、インポートするプロジェクトの URL を入力します。
    インポートするリポジトリの URL を入力するテキスト フィールド
  3. 自分のユーザ アカウント、またはリポジトリを所有する組織を選択し、GitHub 上のリポジトリの名前を入力します。
    リポジトリの [Owner] メニューと、リポジトリ名フィールド
  4. 新しいリポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを指定します。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。
    リポジトリの [Public] と [Private] を選択するラジオ ボタン
  5. 入力した情報を確認し、[Begin import] をクリックします。
    [Begin import] ボタン
  6. 既存のプロジェクトがパスワードで保護されている場合は、必要なログイン情報を入力して [Submit] をクリックします。
    パスワード保護されているプロジェクトのパスワード入力フォームと [Submit] ボタン
  7. 既存のプロジェクトのクローン URL で複数のプロジェクトがホストされいる場合は、インポートしたいプロジェクトを選択して [Submit] をクリックします。
    インポートするプロジェクトのリストと [Submit] ボタン
  8. プロジェクトに 100 MB を超えるファイルがある場合は、Git Large File Storage を使用して大きいファイルをインポートするかどうかを選択し、[Continue] をクリックします。
    [Git Large File Storage] メニューと [Continue] ボタン

リポジトリのインポートが完了すると、メールが届きます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください