ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Enterprise プラン契約

バージョンの発効日: 2019 年 7 月 2 日

「同意する」またはそれに類似するボタンをクリックするか、(以下に定義する) 本製品を利用することにより、お客様は本契約の規約および条件に同意することになります。 お客様が、法人を代表して契約を締結する場合、お客様は、本契約を締結するためにその法人に義務を負担させる法的権限を持つことを表明するものとします。

本契約は、お客様と GitHub との間で締結されるもので、以下に詳述する GitHub の提供品 (併せて「製品」) に対して適用されます。

本契約には、以下のセクションおよび付属文書が含まれ、参照することにより本契約に含まれます。

お客様が、GitHub の認定代理店から「製品」を購入された場合、本契約のうちセクション 1.1 (契約期間および解約)、セクション 1.2 (支払い)、セクション 2.5 (デリバリ)、およびセクション 2.6 (確認) については、お客様が GitHub の認定代理店と合意した規約が優先するものとします。

セクション 1: 一般的な規約および条件

セクション 1 では、あらゆる「製品」の、お客様による購入および使用について適用される規約および条件を規定します。 かぎ括弧に括られた用語のうち、本契約の本文に定義されていないものについては、付属文書 C に定義されています。

1.1 契約期間および解約

1.1.1 契約期間

本契約は、「発効日」から開始し、セクション 1.1 の規定に従って「当事者」により解約されるまで有効であり続けるものとします。

1.1.2 契約解除 アカウントのキャンセル

いずれの「当事者」も、その時点で最新の「プラン契約期間」が終了する少なくとも 30 日前に書面により通知することで、「注文書」または本契約を理由なく解約できます。 お客様が「注文書」または本契約を解約することを選択した場合、お客様は、画面上部のグローバルナビゲーションバーにある「設定」に進み、GitHub でアカウント適切にキャンセルする責任を負います。 GitHub は、メールや電話での要請に対応してアカウントをキャンセルすることはできません。

1.1.3 重大な契約違反による解約

いずれの「当事者」も、相手方「当事者」が本契約に基づく義務に対して重大な違反を犯し、通知を受領してから 30 日以内に違反を是正できなかった場合、通知により本契約を直ちに解約できます。 また、お客様が (ライセンスの付与その他あらゆるライセンスの制限にお客様が従わない場合を含め) GitHub の知的財産に関連した本契約の規約のいずれかに違反した場合、またはお客様のアカウントが 90 日を超えてサスペンドしている場合は GitHub から、あるいは他方がセクション 1.4 に規定された守秘義務に違反した場合はいずれの当事者からも、相手方「当事者」に是正する期間を設けることなく、本契約を書面の通知により直ちに解約する権利を留保するものとします。

1.1.4 解約の効果、存続規定

本契約を解約した場合、お客様は「注文書」を追加で締結することはできないものとします。ただし、残りの有効な「注文書」に対しては、本契約は引き続き有効になるものとします。 「注文書」の解約または失効の際、その「注文書」について、(i) 「ソフトウェア」や「サービス」の「プラン契約期間」は直ちに終了するものとし、(ii) 「注文書」に記載のあらゆる「プランライセンス」は自動的に解約となり、お客様は「ソフトウェア」や「サービス」をが利用する権利を喪失するものとし、(iii) 解約の前に、支払うべき「料金」があった場合、お客様はかかる「料金」を直ちに支払う必要があるものとし、(iv) お客様は、お客様が所有または管理する「ソフトウェア」のすべての複製物を破棄し、その履行を GitHub に対し書面で証明する必要があるものとし、(v) 各「当事者」は、「サービス」により許容される範囲において、相手方に属するすべての「機密情報」を直ちに返却 (相手方当事者が要請する場合は破棄) するものとします。 上記にかかわらず、お客様は、本契約または「注文書」の解約または失効後最大 90 日間、お客様のデータを移行するために引き続き「ソフトウェア」にアクセスすることができ、データをそのリポジトリに移行するよう要請できます。ただし、この期間中、お客様は「ソフトウェア」や「サービス」を実稼働ベースで利用することはできないものとします。 本契約または「注文書」の解約または失効により、その性質上合理的に存続すべきあらゆる規定は存続するものとします。

1.2 支払い

1.2.1 料金

お客様は、減額や相殺などに類することを行わず、アメリカ合衆国ドルにより「料金」の全額を前払いで支払うことに同意します。 お客様は、GitHub による請求の日付から 30 日以内に「料金」を支払う必要があります。 本契約により支払われる金額は、セクション 1.5.1 および 1.6.2 に定める場合を除き返金できません。お客様が定められた期限に「料金」を支払わなかった場合、普通法または衡平法に基づく法的措置を取ることに加え、GitHub は次の権利を留保します。(i) 過去の未払い金に対して毎月 1.0% か、法律により許容される最高額の金利のうち、いずれか低い額の金利を課し、かつ回収に要するあらゆる費用を課すこと、および (ii) 該当する「注文書」または「SOW」を解約すること。 本契約に関して課されたか、負うようになったあらゆる税金、料金、関税、および政府による査定 (GitHub の純利益に基づく税金を除く) について、お客様は全責任を負います。

1.2.2 プロフェッショナルサービスクレジット

お客様が「プロフェッショナルサービス」への支払いに「プロフェッショナルサービスクレジット」を利用する場合、お客様による「SOW」の受領をもって、お客様の「プロフェッショナルサービスクレジット」残高から、適切な「プロフェッショナルサービスクレジット」が差し引かれるものとします。 お客様は、「プロフェッショナルサービス」について GitHub に発行する発注書に、「SOW」に定められた価格を確実に反映する責任を負います。 「SOW」に記載された価格と、お客様の発注書に記載された価格に相違がある場合、「SOW」の価格が優先するものとします。 両「当事者」は、「プロフェッショナルサービスクレジット」による「SOW」の支払いには、それを有効かつ強制力を持つものとするために、いずれの「当事者」による署名も不要であることに同意します。 「プロフェッショナルサービスクレジット」は、すべて「注文書」に記載された期間内に使用する必要があります。期間内に使用されなかった場合は自動的に取り消され、返金できません。 お客様は、「プロフェッショナルサービスクレジット」を旅費および宿泊費に充てることはできず、旅費および宿泊費は別途請求されます。

1.2.3 プランライセンスの追加購入

GitHub のウェブサイトまたは GitHub の営業チームを通じて要請することで、お客様は本契約の下、「プランライセンス」を追加で取得できます。 お客様が追加の「プランライセンス」を購入する場合、お客様は、該当する「プラン契約期間」の残高に応じた、その時点で最新の、適用される「料金」を支払う必要があります。 「注文書」に特に記載されている場合を除き、お客様が「プランライセンス」を 次の「プラン契約期間」まで更新した際、GitHub は毎年 1 回、すべての「プランライセンス」に対する請求を同時に行います。

1.3 プロフェッショナルサービス

お客様の「プロフェッショナルサービス」の要請に応じ、GitHub は「プロフェッショナルサービス」に記載されている「SOW」を提供するものとします。 GitHub は、それぞれの「SOW」に記載されている「プロフェッショナルサービス」を実施するものとします。 GitHub は、「プロフェッショナルサービス」が実施される方法および手段を管理するとともに、割り当てる担当者を決定する権利を留保するものとします。 GitHub は、GitHub がその行為および怠慢に対して責任を負うことを条件に、第三者を用いて「プロフェッショナルサービス」を実施できるものとします。 お客様は、ソフトウェア、ツール、仕様、アイデア、概念、発明、プロセス、テクニック、ノウハウを含む、「プロフェッショナルサービス」の実施に関連して使用または開発されたすべての権利、権原、および利益を GitHub が保持することを認め、これに同意するものとします。 「プロフェッショナルサービス」の実施中に、GitHub がお客様に提供する成果物について、お客様が「ソフトウェア」や「サービス」と併用する目的に限り、本契約の期間中、お客様に対して非独占的、譲渡不可、世界的規模、使用料無料の期間限定ライセンスを付与するものとします。

1.4 機密保持

いずれの「当事者」も、本契約で許容されている場合を除き、相手方「当事者」の「機密情報」を用いないものとします。 各「当事者」は、相手方「当事者」の「機密情報」について、その機密を保ち、それを保護するにあたり、少なくとも同様の性質を持つ自らの情報に払うものと同程度の注意を払うこと、いかなる場合においても合理的な程度の注意を払うことに同意します。 各「当事者」は、相手方「当事者」の「機密情報」を、許可なく開示することを防止するため、あらゆる合理的な注意を払うことに同意します。この同意には、かかる「機密情報」を、(i) かかる情報を知る必要がある、(ii) 本セクション 1.4 に従うために十分な、適切な合意をした当事者である、および (iii) 本セクション 1.4 に記載されている利用および開示の制限について知らされている「担当者」以外に開示しないことが含まれます。各「当事者」は、自らの「担当者」の行為および怠慢について、一切の責任を負います。 上記の義務は、いずれかの「当事者」が、裁判所、行政機関、その他行政体からの命令または要求に従って、相手方「当事者」の「機密情報」を開示することを制限しないものとします。ただし、かかる開示を要求された「当事者」は、かかる通知が法律により禁じられている場合を除き、相手方「当事者」がかかる命令または要求に対して意義を唱えられるようにするための合理的な通知を行うことが求められます。 本セクション 1.4 に記載されている制限は、本契約の解約または失効後も存続するものとします。

1.5 訴訟に対する防御

両「当事者」はセクション 1.5 に定める通り、またその範囲において、第三者からの訴訟に対してお互いに防御し、あらゆる不利な最終判決または示談の合意により生じた金額を支払うものとします。ただし、防御する「当事者」が、訴訟について書面で速やかに通知を受け、防御および示談を行う権利がある場合に限ります。 防御される「当事者」は、防御する「当事者」に対し、要請されたあらゆる支援、情報、および権限を提供する必要があります。 防御する「当事者」は、支援の提供にかかった合理的な費用負担について相手方「当事者」に払い戻すものとし、相手方「当事者」の書面による同意なしに、第三者の訴訟に対して示談または告白を行わないものとします。また、この同意について不合理に拒否または遅延しないものとします。 本セクション 1.5 は、かかる訴訟に対する両「当事者」の唯一の責任および全責任を記述したものです。

1.5.1 GitHub

GitHub は、関係会社以外の第三者による、お客様に対する訴訟について、お客様による「ソフトウェア」または「サービス」の許可を受けた利用が、関係会社以外の第三者の著作権、特許、または商標を侵害している、あるいは企業秘密を不正利用しているとする主張する限りにおいて、関係会社以外の第三者によるあらゆる訴訟に対しお客様を防御するものとします。 GitHub がかかるあらゆる訴訟を商業的に合理的な条件で解決できない場合、GitHub の判断により、以下のいずれかを行うことができるものとします。 (a) 「ソフトウェア」または「サービス」 (該当するもの) を改善、修復、または交換する、または (b) お客様のプランを解約し、前払いされ使用されていないあらゆるプラン料金を返金する。 GitHub は、以下により生じた訴訟について、本セクション 1.5.1 の下に義務を負わないものとします。 (i) 「ソフトウェア」または「サービス」の改善、あるいは「ソフトウェア」または「サービス」を、本契約 (「ドキュメンテーション」含む) により明示的に許可されている以外の装置、デバイス、ソフトウェア、またはデータを用いた組み合わせ、操作、または利用、(ii) 「ソフトウェア」または「サービス」の利用を中止するよう通知された後に、お客様が利用を止めなかった場合、(iii) セクション 1.5.2 に基づくお客様の義務、(iv) GitHub により無料で提供された製品またはサービス (「ソフトウェア」または「サービス」の利用を含む)、あるいは (v) 「ベータプレビュー」のアクセスまたは利用。 本セクション 1.5.1 の下に GitHub が負う義務を解釈するにあたり、「ソフトウェア」および「サービス」には、GitHub により組み込まれたオープンソースコンポーネントを含みます。

1.5.2 お客様

お客様は、関係会社以外の第三者による、以下により生じた訴訟に対し GitHub を防御するものとします。(i) お客様が「ソフトウェア」または「サービス」にアップロードした「お客様のコンテンツ」、(ii) お客様による守秘義務の不履行、GitHub の利用規約に対する違反を含む、お客様による本契約に対する違反、(iii) 「ソフトウェア」への「お客様による改善」、あるいは (iv) お客様が「ソフトウェア」または「サービス」と共に組み合わせ、操作、または利用する、あらゆるサードパーティーブランドの装置、デバイス、ソフトウェア、システム、またはデータ。

1.6 表明および保証、免責事項、責任の制限

1.6.1 一般保証

各「当事者」は、相手方に対し、本契約を締結する法的権能および権限を持つこと、ならびに本契約、各「注文書」、「SOW」が、かかる「当事者」を本契約の規約および条件に拘束するために必要なあらゆる権限を有する、かかる「当事者」の従業員または代理人により締結されることを表明し、保証します。

1.6.2 限定保証

(i) Software. GitHub warrants that: (1) the unmodified Software, at the time it is made available to Customer for download, will not contain or transmit any malware, viruses, or worms (otherwise known as computer code or other technology specifically designed to disrupt, disable, or harm Customer’s software, hardware, computer system, or network) and (2) for ninety (90) days from the date it is made available for initial download, the unmodified Software will substantially conform to its Documentation. GitHubは、お客様による「ソフトウェア」の利用が中断されないこと、または「ソフトウェア」の操作にエラーがないことを保証するものではありません。 お客様が「ソフトウェア」をセクション 2 および「ドキュメンテーション」で明示的に許可されていない方法で修正または利用した場合、本セクション 1.6.2 (i) の保証は適用されないものとします。 本保証の違反に対する GitHub による唯一の義務、およびお客様への唯一の救済手段は、GitHub が選択する以下のいずれかによるものとし、GitHub はその費用を負担します。 (a) 「ソフトウェア」の修復、(b) 「ソフトウェア」の交換、あるいは (c) 欠陥のある「ソフトウェア」に関する本契約を解約し、該当する欠陥のある「ソフトウェア」に対し、その時点の「プラン契約期間」において未使用の前払い「料金」を返金する。

(ii) 「プロフェッショナルサービス」。GitHubは、お客様に対し、本契約に基づいて実施される「プロフェッショナルサービス」が、適切な有資格者により、専門的かつ職業的な方法で実施されることを保証します。 本保証の違反に対する GitHub による唯一の義務、およびお客様への唯一の救済手段は、GitHub が選択する以下のいずれかによるものとし、GitHub はその費用を負担します。(1) 本保証の水準を満たさなかったあらゆる「プロフェッショナルサービス」を、速やかに再実施する、あるいは (2) 違反を是正することができない場合、「SOW」を解約し、未使用の前払い「料金」を返金する。

1.6.3 免責事項

(i) 一般。本契約に明示的に規定されている場合を除き、GitHub はいかなる種類の保証および表明も行わず、商品性、特定目的への適合性、非侵害性を含め、また取引の過程や取引の使用から生じる保証や条件を含むがこれらに限定されない、いかなる保証についても一切行わないことをここで特に明記します。 口頭か書面かを問わず、GitHub またはその他から提供される助言や情報は、本契約に明示的に記載されていないいかなる保証または条件ももたらしません。

(ii) Service. GitHub provides the Service “AS IS” and “AS AVAILABLE” without warranty of any kind. GitHub は、「サービス」に関して、商品性、特定目的への適合性、権原、セキュリティ、正確性、および非侵害性を含むがこれに限定されない一切の保証を明示的に否認します。 GitHub は、「サービス」がお客様の要件を満たすこと、「サービス」が中断されないこと、適時に提供されること、安全であること、またはエラーがないこと、「サービス」を通じて提供される情報が正確、信頼できる、または的確であること、あらゆる欠陥やエラーが修正されること、「サービス」が特定の時間や場所で利用できること、ならびに「サービス」にウイルスやその他の有害なコンポーネントが含まれていないことを保証しません。 GitHub は、お客様がファイル、情報、「コンテンツ」 、その他「サービス」から取得した資料のダウンロードおよび/または利用により生じるいかなる損失のリスクについても責任を負いません。

(iii) 「ベータプレビュー」。お客様は、自らの裁量により「ベータプレビュー」の利用を選択できます。 「ベータプレビュー」はサポートを受けることができない場合があり、その内容は随時予告なく変更される場合があります。 「ベータプレビュー」は、「サービス」ほど信頼性が高くない場合があります。または利用できない可能性もあります。 「ベータプレビュー」は、「サービス」にこれまでも現在も適用されているものと同等のセキュリティ対策および監査の対象ではありません。 GitHub は、「ベータプレビュー」に起因または関連する責任を負わないものとします。 お客様は、自らの責任において「ベータプレビュー」を利用するものとします。

1.6.4 責任の制限

(i) 「間接的損害」。 原因の如何に関わらず、かかる義務が契約、保証、不法行為 (過失を含む)、厳格責任などに基づく請求から生じるあらゆる請求に起因するか、また当事者がかかる損害の可能性について当事者が知らされていたかを問わず、間接的、特別的、偶発的、懲罰的または派生的損害 (利益、収益またはデータの損失を含む)、または本契約に起因または関連して発生する代替製品の取得費用について、いずれの当事者も、相手方当事者またはあらゆる第三者に対して、準拠法によって許される最大限の範囲で、いかなる場合においても責任を負わないものとします。

(ii) 「総責任額の制限」。 あらゆる訴因およびあらゆる責任に関する理論により、本契約の下におけるいずれの当事者が負う総責任額は、いかなる場合も、準拠法によって許される最大限の範囲で、かかる責任を生じさせるに至った請求の前の 12 か月間にお客様が GitHub に対して実際に支払った「料金」を超えないものとします。 無料で提供される製品およびサービス (「製品」の利用を含む) については、GitHub の責任は 5,000.00 USD までの直接損害賠償に限定されます。 「ベータプレビュー」については、GitHub の責任は 500.00 USD までの直接損害賠償に限定されます。

(iii) 例外。 本セクション 1.6.4 に定める除外および制限は、以下に起因する責任については適用されないものとします。(1) 「当事者」による、セクション 1.4 に記載の守秘義務違反。 ((「GitHub のコンテンツ」以外の) 「コンテンツ」 に関するあらゆる責任を除きます。これについては、上記の除外および制限が適用されます。) (2) 「当事者」による、セクション 1.5 に記載の防御義務違反。(3) セクション 2.1 および 2.2 に記載の、ライセンスの付与またはライセンスの制限にお客様が従わなかった場合。

1.7 プランライセンス

「プランライセンス」は、「ユーザ」ごとに付与され、複数の「ユーザ」が同一の「プランライセンス」を利用することはできません。 お客様は、「プランライセンス」を最後に再割り当てしてから 90 日間が経過しなければ、新しい「ユーザ」に同一の「プランライセンス」を再割り当てすることはできません。ただし、再割り当てが以下の理由による場合を除きます。(i) ハードウェアの永久的な故障または喪失、(ii) 「ユーザ」の雇用または契約の終了、または (iii) 「ユーザ」の欠勤を代替するための、「プランライセンス」の一時的な再割り当て。 お客様がある「ユーザ」から別の「ユーザ」に「プランライセンス」を割り当てる際は、前の「ユーザ」の「プランライセンス」 およびお客様の「Organization」へのアクセスをお客様がブロックする必要があります。

1.8 関係会社

関係会社による「ソフトウェア」および「サービス」へのアクセスおよび利用について、お客様が完全に責任を負う限りにおいて、お客様の関係会社は、本契約に従い、「ソフトウェア」および「サービス」を利用することができます。

1.9 サポート

GitHub は、「ソフトウェア」および「サービス」について、以下の通り「サポート」を提供するものとします。

1.9.1 一般

GitHub は、週末および米国の休日を除き、1 日 24時間、週 5 日の標準的な技術「サポート」を、「ソフトウェア」および「サービス」に対して無料で提供するものとします。 「Standard Support」は、「GitHub Support」を通じたウェブベースのチケット発行によってのみ提供され、「サポート」の要請は、GitHub の「サポート」チームがやり取りできる「ユーザ」から行う必要があります。 GitHub は、「注文書」または「SOW」に記載されている「サポート」レベル、「料金」、および「プラン契約期間」で、「ソフトウェア」または「サービス」に対してプレミアム「サポート」 (「GitHub Enterprise の Premium Support」に従う) または専用技術「サポート」を提供することができます。

1.9.2 免責

GitHub は、お客様が GitHub に通知した、「ソフトウェア」のあらゆる重大、再現可能なエラーを修正するために合理的な努力を払うものとします。 ただし、(i) (GitHub 以外の) 誰かによる「ソフトウェア」の改善、(ii) 「ソフトウェア」またはその性能に悪影響を及ぼすような、お客様によるオペレーションシステムまたは環境の変更、(iii) 本契約または「ドキュメンテーション」により許可されている以外の方法によるお客様の「ソフトウェア」の利用、または (iv) お客様による怠慢または「ソフトウェア」の誤用がある場合、GitHub は「サポート」を提供する義務を負わないものとします。

1.10 知的財産権

両「当事者」間の関係において、GitHub は「製品」に対するおよびそれに付随する、すべての知的財産権を含め、すべての権利、権原、および利益を所有しています。 本契約によりお客様に対して明示的に付与されていない、「製品」に対するおよびそれに付随するすべての権利を GitHub は留保します。 GitHub はお客様が提供したりフォーラムに投稿してりすることがあるあらゆる「フィードバック」、コメント、提案を、お客様に対していかなる義務も負うことなく、「製品」に利用、改善、および組み込みすることができます。

1.11 一般条項

1.11.1 準拠法、裁判地

お客様の主たる事務所がアメリカ大陸にある場合、本契約はカリフォルニア州の法律に準拠し、解釈されるものとしますが、同州法が定める抵触法の規定は適用を除外します。本契約の下により生じるあらゆる法的措置または手続きは、カリフォルニア州北部地区に在する連邦裁判所または州裁判所のみに提起されるものとし、両「当事者」は、ここに定める人的裁判管轄権よび裁判地に同意するものとします。 お客様の主たる事務所がアメリカ大陸外にある場合、本契約はアイルランドの法律に準拠し、本契約の下により生じるあらゆる法的措置または手続きは、ダブリンに在する裁判所のみに提起されるものとし、両「当事者」はここに定める人的裁判管轄権よび裁判地に同意するものとします。 両「当事者」は、国際物品売買契約に関する国際連合条約および統一コンピュータ情報取引法が本契約に適用されないことに明示的に合意します。 上記の定めにかかわらず、GitHub は適切な管轄権を有する裁判所に衡平法による救済を求めることができるものとします。

1.11.2 米国政府のユーザ

「製品」は民間の資金のみで開発されたものであり、連邦調達規則 12.212 および 27.405-3、ならびに国防連邦調達規則補遺 227.7202-3 に定める「商用コンピュータソフトウェア」および「商用コンピュータソフトウェアドキュメンテーション」と見なされます。 「製品」は、制限されたコンピュータソフトウェアおよび制限された権利データとして、米国政府のエンドユーザにライセンスを付与されます。 本契約に基づいて技術データまたはコンピュータソフトウェアが開発されることはありません。 米国政府またはその請負業者による「製品」または「ドキュメンテーション」の使用、開示、修正、配布、または複製は、本契約に規定された制限に従うものとし、 それ以外の使用を禁じます。

1.11.3 輸出

「製品」は、米国政府による輸出規制および一部の外国政府による輸入規制の対象です。お客様は、「製品」の利用にあたり、適用されるすべての輸出入法令を遵守するものとします。 お客様は、(i) あらゆる禁輸対象国またはテロリスト支援国家 (あるいはその国民または住民) に対し、(ii) 米国商務省の否認命令リストまたは米国財務省の特定国籍業者リストに掲載されている者に対し、(iii) かかる輸出または再輸出が制限または禁止されているあらゆる国、あるいは米国政府その他機関が、輸出または再輸出時に、輸出許可またはその他の承認を求める国に対し、かかる許可を得ずに、あるいは (iv) その他米国または外国の政府機関または当局の輸出または輸入の制限、法令または規制に違反する場合、米国からの持ち去りまたは輸出、あるいは「製品」のいかなる部分またはいかなる直接製品も輸出または再輸出をしてはならず、またいかなる第三者にもそれを許可してはなりません。 お客様は、 (a) お客様が、かかる禁止国に居住していないこと、その管理下にないこと、またはその国の国民または居住者でないこと、あるいはかかる禁止者のリストに掲載されていないこと、および (b) お客様のデータが武器の国際武器取引規則に基づいて管理されていないことを表明し、保証します。 お客様は、米国政府の事前の許可なしに、「製品」を核兵器、化学兵器、生物兵器またはミサイル技術の設計または開発に利用することが制限されていることを認め、これに同意するものとします。

1.11.4 無許可の宣伝の禁止

GitHub は、お客様を、現在または将来的な顧客に対する顧客として認識する場合があります。 ただし、GitHub は、お客様の名称やロゴを、お客様の許可なく広告またはマーケティング資料に用いることはできないものとします。

1.11.5 譲渡

いずれの「当事者」も、本契約の一部または全体を、相手方当事者の書面による事前の同意なしに譲渡または移転してはならないものとし、またかかる同意を不合理に拒否しないものとし、不合理な拒否の試みは無効になるものとします。ただし、合併、取得、企業再編、あるいは事業または資産の全部または大部分の売却に関しては、相手方当事者に通知の上、相手方「当事者」の合意なく、GitHub は本契約の全体を譲渡できるものとします。

1.11.6 通知

本契約に別段の定めがない限り、本契約に基づく通知、要請、要求、またはその他の通信は、書面 (電子メール可) によるものでなければならず、本契約を参照するものでなければならず、また、(i) 個人的に渡された場合には、その受領時に、(ii) 電子メールの場合は、受取人その受領を確認した後の 1 営業日に、(iii) 受取証明付き書留郵便または配達証明郵便で送付した場合には、送付した日から 5 営業日後、書面による受領確認および電子メールにより、または (iv) 国際的に認められている宅配便業者に入金し、電子メールを送付した後の 3 営業日、書面による受領確認により、正式に提供されたものと見なされます。 「当事者」が他方に対して住所変更を通知している場合を除き、通知は本契約に記載されている住所に送付できるものとします。

1.11.7 不可抗力

天災、然災害、ストライキ、ロックアウト、暴動、戦争行為、伝染病、あるいは電力、通信またはネットワークの故障を含む合理的な制御を超えた異常事態により、本契約の下におけるあらゆる義務の履行が不可能な場合に限り、GitHub は、その責任を免除されるものとします。

1.11.8 独立契約者

各「当事者」は、本契約の主題に関して独立契約者です。 本契約に含まれるいかなる規定も、法的関係、パートナーシップ、合弁事業、雇用、代理、受託、その他これらに類する関係を両「当事者」間に構築するものとはいかなる場合にも見なされるまたは解釈されるものではなく、またいずれの「当事者」も、他方を契約上拘束することはできません。

1.11.9 権利放棄

本契約の下における「当事者」の義務は、相手方「当事者」の権限のある担当者が署名した書面によってのみ免除されます。 本契約の「当事者」が本契約に基づく権利の行使を怠るか遅滞したとしても、本契約を放棄したと見なされることはなく、また、本契約の何らかの権利またはその一部を行使することが、本契約の他の部分またはさらなるの行使、または本契約に基づく法律上または衡平法上の権利の行使を妨げるものでもありません。

1.11.10 完全なる合意

本契約は、付属文書、各「注文書」および「SOW」とともに、本契約の主題に関する両「当事者」のすべての合意および理解を構成しており、かかる主題に関して、両「当事者」間の書面または口頭による、締結前または締結時におけるあらゆる理解および同意に優先します。 お客様の発注書にある規定、書面による規定、その他お客様が GitHub に提出したものにある規定が、本契約と異なる規定または本契約への規定の追加を含んでいる場合、いかなる「発注書」または「SOW」も無効であり、効力を持ちません。

1.11.11 修正、優先順位

GitHub は、独自の裁量により、いつでも本契約を修正する権利を留保し、かかる修正があった場合には本契約を更新します。 GitHub は、独自の裁量により、いつでも本契約を修正する権利を留保し、かかる修正があった場合には本契約を更新します。 重要でない変更については、お客様が「サービス」を継続して利用することをもって、本契約の改訂に同意したものとみなされます。 お客様は、本契約に対するすべての変更を「サイトポリシー」リポジトリで確認できます。 本契約の規定と、あらゆる「注文書」または「SOW」との間に万が一矛盾がある場合、その「注文書」または「SOW」に関してのみ、「注文書」または「SOW」の規定が支配するものとします。

1.11.12 分離可能性

本契約のいずれかの規定が管轄裁判所により違法、無効または執行不能であると判断された場合には、両「当事者」は、当該規定が可能な限り効力を持つように本契約を修正または改正するものとします。 このような修正または改正ができない規定は、削除されたものとみなされ、本契約の残りの規定は、引き続き効力を持つものとします。

セクション 2: GitHub Enterprise Server ライセンス規約

セクション 2 は、お客様による「ソフトウェア」の利用に適用される規約を詳述しています。

2.1 ライセンスの付与

GitHub は、お客様の内部業務目的のために「ソフトウェア」をインストールし利用するため、該当する「プラン契約期間」中、「ドキュメンテーション」に従い、お客様の「注文書」に記載された数の「プランライセンス」のみ、お客様の内部業務目的のために「ソフトウェア」をインストールし利用するための非独占的、譲渡不可、世界的規模、使用料無料の期間限定ライセンスをお客様に付与します。 「ソフトウェア」には、第三者によって GitHub にライセンスを付与されたコンポーネントが含まれており、そうしたソフトウエアの中には、GitHub に対して、それらのコンポーネントのソースコードを入手可能にすることを要求するソフトウェアも含まれています。 これらのコンポーネントのソースコードは、要請に応じて提供いたします。

2.2 ライセンスの制限

法律または適用されるサードパーティライセンスによって明示的に許可されている場合を除き、お客様およびその関係会社は、いかなるサードパーティに対しても、次のことを行ったり、許可したりしてはなりません。(i) 「ソフトウェア」のサブライセンス、販売、賃貸、リース、譲渡、割り当て、または再配布、(ii) サードパーティの利益のために「ソフトウェア」をホストすること、(iii) 本セクション 2 に明示的に許可されている以外の方法で、サードパーティに対して「ソフトウェア」へのアクセスを開示または許可すること、(iv) 「ライセンスキー」をハッキングする、あるいはライセンスのあらゆる登録プロセスを回避または変更すること、(v) 「お客様による改善」以外で、「ソフトウェア」を改善または「ソフトウェア」の派生物を作成する、あるいは「ソフトウェア」を他のソフトウェアとマージすること、(vi) 逆アセンブル、逆コンパイル、コード難読化のバイパス、その他「ソフトウェア」のリバースエンジニアリング、あるいはソースコード全体または一部を抽出するよう試みること、(vii) 「ソフトウェア」または「ドキュメンテーション」内またはそれらに含まれるあらゆる所有権の通知を改変、不明瞭化、または削除すること、または、(viii) 本契約に明示的に許可されていない方法で 「ソフトウェア」または「ドキュメンテーション」を利用または複製すること。

2.3 デリバリ

GitHub は、安全で、パスワードで保護されたウェブサイトから、お客様が「ライセンスキー」をダウンロードで入手できるようにするものとします。 本セクション 2 に基づくすべてのデリバリは電子的なものとします。 疑義を避けるため、お客様はソフトウェアのインストールに責任を負い、「ライセンスキー」の交付後は、GitHub がその「ソフトウェア」についてそれ以上のデリバリを行う義務を負わないことを認めます。 「アップデート」が入手可能になった際、GitHub はその「アップデート」を同一のウェブサイトからダウンロードできるようにするものとします。 お客様は、最低限 1 年に 1 回以上、商業的に合理的な頻度で「ソフトウェア」を「アップデート」する必要があります。 お客様は、お客様のユーザ名とパスワードの機密性を維持する責任を負います。

2.4 検証

お客様は、GitHub の要請に基づき、お客様が本契約に従って「ソフトウェア」を利用していることを検証する、「ソフトウェア」が生成したレポートを GitHub に対して速やかに提供するものとします。 GitHub は、本契約の規定を最初に超過した日から、あらゆる追加利用に対する請求書を送付するものとします。

2.5 アップデート、リリース

2.5.1 一般

GitHub は、「ソフトウェア」に対する「アップデート」および「リリース」を、お客様が「ソフトウェア」および「ライセンスキー」をダウンロードした場所と同一の安全なウェブサイトにおいてお客様が入手できるようにするものとします。

2.5.2 サポートされるリリース

GitHub は、「ソフトウェア」の特定の「リリース」について、元の「リリース」日から 1 年間、または直近の「リリース」の「アップデート」から 6 か月のうち長い方の期間のみ「サポート」します。 GitHub は、「ソフトウェア」の特定の「リリース」について、元の「リリース」日から 1 年間、または直近の「リリース」の「アップデート」から 6 か月のうち長い方の期間のみ「サポート」します。

セクション 3: GitHub Enterprise Cloud 利用規約

本セクション 3 では、お客様または GitHub がお客様に代わって「サービス」に「企業アカウント」および/または「Organization」を作成した際、お客様による「サービス」の利用に適用される条件について詳細に説明します。

3.1 アカウント利用規約

3.1.1 アカウントの管理

(i) ユーザ。お客様は、「ユーザ」が各自のアカウントおよびアカウント内の「コンテンツ」に対する最終的な管理権限を保持することに同意するものとします。 「ユーザ」の「サービス」利用については、本セクション 3 に基づく「ユーザ」のアクティビティに関するものを除き、GitHub の「標準利用規約」が適用されます。

(ii) Organization。お客様は、本セクション 3 に従い、お客様を代表して作成されたあらゆる Organization、およびその Organization 内のリポジトリに投稿された「ユーザ生成コンテンツ」について、最終的な管理権限を保持します。 本セクション 3 は、お客様の Organization の利用について定めます。

3.1.2 アカウントの要件

お客様がアカウントを作成するには、以下を遵守する必要があります:

(i) お客様は、13歳未満が利用するためのアカウントを作成してはなりません。 GitHub が 13歳未満の「ユーザ」を知った場合には、その「ユーザ」のアカウントを直ちに削除します。 お客様またはその「ユーザ」が米国外に居住する場合には、その国に適用される最低年齢が 13 歳以上である場合があります。かかる場合、お客様はその国の法律に従う責任を負います。

(ii) 「ユーザ」は、ログインを複数人で共有することはできません。

(iii) Customer must not use the Service (a) in violation of export control or sanctions laws of the United States or any other applicable jurisdiction, (b) if it is located in or ordinarily resident in a country or territory subject to comprehensive sanctions administered by the U.S. Office of Foreign Assets Control (OFAC), or (c) if Customer is or is working on behalf of a Specially Designated National (SDN) or a person subject to similar blocking or denied party prohibitions. 詳しい情報については、GitHub の「輸出規制」方針を参照してください。

3.1.3 アカウントのセキュリティ

お客様は、以下に対して責任を負います。(i) お客様の「企業アカウント」における、投稿された「コンテンツ」およびアクティビティの全て、(ii) お客様のアカウントのログイン認証情報に関するセキュリティの維持、(iii) お客様のアカウントを通じた、「サービス」のあらゆる不正利用や不正アクセスを認識した際には、速やかにGitHub に通知すること。 GitHub は、お客様が本セクション 3.1.3 に従わなかったことにより生ずるいかなる損失または損害にも責任を負いません。

3.1.4 追加条項

場合によっては、お客様による「サービス」の利用について、第三者による条項が適用されることがあります。 たとえば、お客様が独自の条項またはライセンス契約を持つ Organization の成員である場合、お客様が「サービス」に統合するアプリケーションをダウンロードしている場合、お客様が他のサービスに認証するために「サービス」を利用している場合などです。 本契約は、お客様と GitHub との完全な合意を示していますが、お客様と第三者との関係については第三者の条項が適用されます。

3.1.5 米国連邦政府の条項

お客様が米国連邦政府機関である場合、または政府機関として「サービス」の一部にアクセスする、またはそれを使用する場合、米国連邦政府修正条項が適用され、お客様はその条項に同意するものとします。

3.2 法の遵守、利用規程、プライバシー

3.2.1 法令・規定の遵守

お客様が「サービス」を使用する際には、著作権法、商標法、輸出規制法、または管轄における規制を含むいかなる適用法にも違反してはなりません。

3.2.2 利用規定

お客様が「サービス」を利用する際には、GitHubの利用規程GitHubのコミュニティガイドラインに従う必要があります。 お客様は、いかなる管轄区域内でも、違法、わいせつ、不快、または詐欺的なコンテンツまたは活動 (損害を与えたりそう標榜したりする、ネットワークまたはシステムの完全性またはセキュリティを妨害または侵害する、フィルタを回避する、迷惑・虐待的・虚偽的なメッセージ、ウイルスまたは有害なコードを送信する、あるいは第三者の権利を侵害するなど) の目的で「サービス」を使用してはなりません。

3.2.3 プライバシー

GitHubのプライバシーについての声明と「付属文書 A: データ保護特約 (DPA)」には、GitHubのプライバシーとデータの扱いに関する詳細な注意事項が記載されています。 「サービス」からデータを収集する個人、団体、またはサービスは、特にユーザの個人情報 (GitHubのプライバシーについての声明に定める) の収集に関して、GitHubのプライバシーについての声明に従う必要があります。 お客様がGitHubから「ユーザ個人情報」を収集した場合、お客様は「外部ユーザ」が承認した目的にのみその個人情報を使用するものとします。 お客様は、かかる個人情報を合理的に保護するものとし、GitHubはGitHubまたは「外部ユーザ」からの苦情、削除要請、および連絡拒否の要請に速やかに対応するものとします。

3.3 コンテンツの責任、所有権、ライセンス権

3.3.1 「ユーザ生成コンテンツ」に対する責任

「サービス」の利用中に、お客様は「ユーザ生成コンテンツ」を作成またはアップロードすることができます。 投稿、アップロード、リンク、その他の方法でお客様が「サービス」を介して利用できるようにした「ユーザ生成コンテンツ」については、その「ユーザ生成コンテンツ」の形式にかかわらず、お客様が全責任を負うものとします。 GitHubは、「ユーザ生成コンテンツ」のいかなる公開表示または悪用に対しても責任を負いません。

3.3.2 コンテンツの所有権、投稿する権利、ライセンスの付与

(i) お客様が作成または所有する「お客様のコンテンツ」の所有権は、お客様が保持します。 お客様は、 (a)「お客様のコンテンツ」に責任を負うこと、 (b) お客様が投稿する権利を有する「お客様のコンテンツ」(サードパーティまたはユーザーが生成したコンテンツを含む) に限って送信すること、(c) お客様が投稿する「お客様のコンテンツ」に関サードパーティのライセンスに完全に従うことに同意するものとします。

(ii) お客様は、セクション3.3.3から3.3.6で規定されている権利を、無料で、かつ同セクションに記された目的のために付与します。これは、お客様が「お客様のコンテンツ」をGitHubサーバから削除するまで続きますが、お客様が公に投稿し「外部ユーザ」がフォークしたコンテンツは例外となり、その場合は「お客様のコンテンツ」のすべてのフォークがGitHubサーバから削除されるまで続きます。 お客様が、「サービス」を実行するために必要な権限をGitHubに付与するライセンスをあらかじめ伴うような「お客様のコンテンツ」をアップロードする場合、追加のライセンスは必要ありません。

3.3.3 GitHubへのライセンス付与

お客様は、「お客様のコンテンツ」を保存、解析、表示し、「サービス」の提供に必要な限りにおいて付随的な複製を作成する権利をGitHubに付与します。 これには、「お客様のコンテンツ」をGitHubのデータベースにコピーし、バックアップを作成する権利、お客様およびお客様が閲覧者として選択した相手に「お客様のコンテンツ」を表示する権利、「お客様のコンテンツ」を解析して検索インデックスを作成するなどの形でGitHubのサーバ上で分析する権利、お客様がコンテンツの共有相手として選択した外部ユーザーと「お客様のコンテンツ」を共有する権利、および音楽や動画のような場合に「お客様のコンテンツ」を実演する権利が含まれます。 これらの権利は、パブリックリポジトリとプライベートリポジトリの両方に適用されます。 このライセンスは、「お客様のコンテンツ」を販売またはその他の方法で配布する、あるいは「サービス」以外で使用する権利をGitHubに付与するものではありません。 お客様は、帰属先を明示せず、また「サービス」の提供に必要な限りにおいて「お客様のコンテンツ」を合理的に適応させる目的で、「お客様のコンテンツ」に必要な権利をGitHubに付与します。

3.3.3 外部ユーザへのライセンス付与

(i) Issue、コメント、外部ユーザのリポジトリへのコントリビューションなど、お客様が公に投稿するコンテンツは、他のユーザーが閲覧することができます。 リポジトリを公開表示に設定することで、お客様は外部ユーザがお客様のリポジトリを閲覧しフォークすることを許可するものとします。

(ii) お客様がそのページおよびリポジトリを一般に公開表示に設定する場合、お客様は「サービス」を通じて「お客様のコンテンツ」を使用、表示、および実演し、またGitHub が提供する機能を通じて許可される限りにおいて (フォークなど) のみ「サービス」上でお客様のコンテンツを複製する、非独占的かつ世界的ライセンスを外部ユーザーに付与します。 お客様がライセンスを採用した場合、お客様は「お客様のコンテンツ」に他の権利を付与することができます。 お客様が作成または所有していない「お客様のコンテンツ」をアップロードする場合には、アップロードする「お客様のコンテンツ」が、これらの権限を外部ユーザーに付与する条項に基づいて必ずライセンスされるよう図る責任をお客様は負います。

3.3.5 リポジトリのライセンス下でのコントリビューション

お客様がライセンスの通知を含むリポジトリに対してコントリビューションを行う際、お客様は必ず同じ条件のもとでそのコントリビューションをライセンスし、それらの条件下でかかるコントリビューションをライセンスする権利を有することに同意するものとします。 お客様が、コントリビューターライセンス契約など、異なる条件のもとでコントリビューションのライセンスを別途締結している場合は、その契約が優先されます。

3.3.6 人格権

お客様は、完全性と帰属の権利も含めて、「サービス」の任意の部分に対してアップロード、公開、またはサブミットする「お客様のコンテンツ」について、すべての人格権を保持します。 ただしお客様は、GitHubがセクション3.3で付与された権利を合理的に行使できるようにする目的に限り、これらの権利を放棄し、GitHubに対してこれらの権利を主張しないことに同意するものとしますが、その目的以外ではこの限りではありません。

3.4. プライベートリポジトリ

3.4.1 管理

お客様は、招待、OrganizationおよびTeamの管理制御、アクセスの終了など、プライベートリポジトリへのアクセスを管理する責任を負います。

3.4.2 機密保持

GitHubは、お客様のプライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」をお客様の機密情報と見なします。 GitHubは、プライベートリポジトリの「お客様のコンテンツ」を、セクション1.4に従って保護し、厳密に機密扱いします。

3.4.3 アクセス

GitHubがお客様のプライベートリポジトリにアクセスするのは、(i) サポート上の理由からお客様の同意と承認を得ている、または (ii) セキュリティ上の理由からアクセスが必須となっている場合だけです。 お客様は、プライベートリポジトリへのアクセスを追加することもできます。 たとえば、プライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」への追加の権利を必要とするGitHubの各種サービスまたは機能を有効にするなどが考えられます。 これらの権利はサービスまたは機能によって異なりますが、GitHubは引き続き、お客様のプライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」をお客様の機密情報として扱います。 これらのサービスが、「サービス」の提供に必要な以上の権利を追加で必要とする場合、GitHubはその件について説明を行います。

3.4.4 免責

プライベートリポジトリのコンテンツが法律または本契約に違反していると考えられる理由がある場合、GitHubはそのコンテンツにアクセスし、レビューして削除する権利を有します。 また、GitHubはお客様のプライベートリポジトリのコンテンツを開示するよう法律で強制される場合があります。 法律に基づく要件で別段拘束されていない限り、またはセキュリティ上の脅威などセキュリティに対するリスクに対応する目的で、GitHubはかかる行動について通知します。

3.5. 知的財産に関する通知

3.5.1 コンテンツに対するGitHubの権利

「サービス」の見た目は、copyright © GitHub, Inc. All rights reserved で保護されています。 お客様は、GitHubからの書面による許可なく、HTML/CSS、Javascript、またはビジュアルデザイン要素またはコンセプトのいかなる部分も複製、コピー、再利用することはできません。

お客様が著作権所有者であり、「サービス」上のコンテンツがお客様の著作権を侵害していると考えられる場合、お客様はGitHubのデジタルミレニアム著作権法 (DMCA) ポリシーに従って、DMCAの様式でGitHubに通知するか、またはcopyright@github.com.に電子メールを送信すして、GitHubに連絡することができます。

3.5.3 GitHubのトレードマークとロゴ

お客様がGitHubのトレードマークを使用したい場合は、GitHubのロゴと使い方のページの内容も含めて、トレードマークに関するGitHubのすべてのガイドラインに従う必要があります。

3.6 一時停止

GitHubは、本契約への違反があった場合、または「サービス」の完全性、操作性、およびセキュリティを保護する目的で、いつでも「サービス」の全部または一部へのアクセスを一時停止する権利を有します。一時停止は、通知によって即時発効しますが、かかる通知が法律または法的手続きによって禁止されている、または「サービス」または第三者への差し迫った損害の防止に妨げとなる場合は除きます。 通常は、かかる一時停止の時点またその前に、バナーの形で通知します。 GitHubは、「サービス」の完全性、操作性、およびセキュリティを保全する必要に応じ、その裁量により、かつ誠意をもって任意の一時停止を調整します。

3.7 サービスレベル

3.7.1 プログラム特典 - 稼働時間の保証と計算

GitHubは、「サービス」の稼働時間として四半期当たり99.95%を保証しています。 つまり、GitHubの「可欠なサービス」は、50%を超える「アクティブユーザ」に影響するような障害で中断する確率が、四半期当たり0.5%を超えないということです。 四半期99.95%というこの稼働時間保証を満たせない場合、quarterly GitHubはお客様にサービスクレジットを発行します。 GitHubの稼働時間は、Web、API、およびGitクライアントインターフェースで応答したリクエストの成功率に基づいて計算されます。

3.7.2 免責

以下の原因による障害は、稼働時間保証の免責に該当します。

(i) 計画的ダウンタイム (ii) 本契約の違反も含めた、お客様による「サービス」の作為、不作為、または悪用 (iii) お客様のインターネット接続不良 (iv) 不可抗力の事象や、サードパーティのサービスまたはテクノロジーなど、GitHubの合理的な管理を超える要因 (v) お客様の側の設備、サービス、その他の技術

3.7.3 稼働時間サービスクレジットの計算、稼働時間サービスクレジット

GitHubの四半期の稼働時間が99.95%の稼働時間保証を下回った場合、お客様は、四半期の稼働時間保証を超えた停止時間について支払わった金額分の25倍に相当するサービスクレジットを受け取る資格を得ます。 サービスクレジットは、各四半期末に計算され、請求がありしだい支払われます。 GitHubの稼働率を調べたい場合は、各四半期松に稼働時間のレポートを請求できます。 サービスクレジットを受け取るには、アカウント所有者か支払いマネージャーのいずれかが、各四半期終了後30日以内に、お客様を代表して書面で請求を送信する必要があります。 サービスクレジットをためておくことはできません。 サービスクレジットが認められると、お客様の次の請求時に自動的に相殺されます。 書面による請求、GitHub Supportまでお送りください。

3.7.4 免責事項、責任の制限

GitHubの[ステータス] ページは、本セクションで規定している稼働時間保証に計上されないため、GitHubの稼働時間を正確に表してはいないため、サービスクレジットの計算という目的には適しません。 サービスクレジットは、四半期ごとに有料サービスの30日分までに制限されます。 サービスクレジットは、本セクションで規定する稼働時間の義務をGitHubが達成できなかった場合に、お客様が得られる唯一の是正手段です。

3.8 サービスの変更

セクション3.7に従い、GitHubは通知の有無にかかわらず、「サービス」(またはその一部) をいつでも変更する、あるいは一時的または恒久的に停止する権利を留保するものとします。

セクション 4: 追加アプリケーションおよび機能に関する補足規約

セクション4では、お客様による特定またはオプションのアプリケーションおよび機能の使い方に適用される規約を詳述します。 本セクション4で規定される規約および条件は、本契約に従います。

4.1 GitHub Pages

各アカウントには、GitHub Pagesの静的ホスティングサービスへのアクセス権があります。 このホスティングサービスは、静的Webページをホストするためのサービスです。 GitHub Pagesは、特定の帯域幅および使用法の制限を受けることがあるため、帯域幅が大きいなど理由で適さない場合には適切でない可能性があります。 ページでは、寄付のボタンやクラウドファンディングのリンクなど、収益化の行為が一部認められています。 詳細は、「GitHub Pagesのガイドライン」を参照してください。 GitHubは、責任を負うことなくGitHub.comの任意のサブドメインを取得する権利を常に有します。

4.2 GitHub Learning Lab

4.2.1 GitHub Learning Lab for Enterprise Cloud

お客様の使用状況に応じて、お客様がLearning Labを購入して「サービス」と共に使用する場合は、 https://lab.github.com/organizations/terms or https://lab.github.com/termsにあるLearning Labの規約と条件が適用されます。

4.2.2 GitHub Learning Lab for Enterprise Server

お客様がLearning Labを購入して「ソフトウェア」と共に使用する場合、かかる使用については実行可能セクション4.2.2 (i) および4.2.2 (ii) に加えて、セクション2も適用されます。

(i) アプリケーション資料。 GitHubがお客様に提供するものはすべて、資料や、それに派生するありとあらゆるものを含めて、GitHubが単独で所有するものとします。ただしGitHubは、アプリケーションの使用に関連した内部的な業務目的でのみ、かかる資料を複製、保守、使用、および実行する (該当する場合) ための世界的で非独占的、期間限定、譲渡不可の無料ライセンスをお客様に付与します。 このライセンス付与は、ソースコードと共に提供される可能性があるオープンソースのライセンス契約に従います。

(ii) お客様が作成したコース資料。 上記にかかわらず、お客様が作成したコース資料は、お客様が単独で所有するものとします。

4.3 GitHub Connect

GitHub Connectにアクセスするには、お客様がGitHub.comにアカウントを少なくとも1つ持ち、ソフトウェアのライセンスを少なくとも1つ持っている必要があります。 GitHub Connectは、自動化されたタスクを実行するために使用できます。 また、GitHub Connectで複数のユーザが特定のアクションを振り向けることもできます。 お客様は、そのアカウントで、またはそのアカウントを通じて実行されるアクションに責任を負います。 GitHubは、機能の提供と改善を目的にお客様のGitHub Connect 使用状況について情報を収集することがあります。 GitHub Connectを使用すると、お客様は、プライベートリポジトリデータとユーザの個人情報 (GitHubのプライバシーについての声明に定義) を含め、保護されたデータをお客様のGitHub Enterprise Serverアカウントから収集する権限をGitHubに付与することになります。 またお客様は、GitHub Connectを通じて、身元の特定につながるインスタンス情報がGitHubに転送されることを承認します。この情報には、GitHubのプライバシーについての声明が適用されます。

4.4 サードパーティアプリケーション

4.4.1 アプリケーションの作成

お客様が「開発者製品」を作成して「外部ユーザ」に公開する場合、お客様は以下の要件に従う必要があります。

(i) お客様は、セクション3と、GitHubのプライバシーについての声明に従うこと。

(ii) 法律またはライセンスなどで許可されている場合を除き、お客様は、お客様が収集したユーザの個人情報 (GitHubのプライバシーについての声明に定義) や「ユーザ生成コンテンツ」の使用を、ユーザが収集を許可した目的に限定する必要があります。

(iii) お客様は、ユーザの個人情報または「ユーザ生成コンテンツ」を処理することによって生じる偶発的または違法な破壊、偶発的な紛失、改変、不正な開示またはアクセスなどのリスクに適切な合理的なセキュリティ対策をすべて講じる必要があります。

(iv) お客様は、GitHubに代わってユーザの個人情報または「ユーザ生成コンテンツ」を収集すると主張したり、プライバシーポリシーを掲示するなどして、そのプライバシー慣行をユーザに通知したりしてはなりません。

(v) お客様は、保存が法律により要求されている場合や、ライセンスなどにより許可されている場合を除き、お客様がGitHubを通じて収集したユーザ個人情報または「ユーザ生成コンテンツ」を、ユーザが収集を承認した限定的な特定の目的のために必要でなくなった時点で、削除する方法をユーザに提供する必要があります。

4.4.2 アプリケーションの使用

(i) お客様は、プライベートリポジトリを含むリポジトリのコンテンツの使用、アクセス、開示を「開発者製品」に許可することができます。 一部の「開発者製品」は、 [GitHub Marketplace] (https://github.com/marketplace) で入手できます。 一部の「開発者製品」は、自動化されたタスクの実行に使用でき、場合によっては複数のユーザが「開発者製品」にアクションを指定することもできます。 ただし、お客様がそのアカウントで「開発者製品」を購入および/または設定する場合、またはお客様が統合された「開発者製品」に対してアカウントの所有者である場合、お客様はそのアカウントでまたはアカウントを通じて実行される「開発者製品」のアクションについて責任を負います。 GitHubがどのように「開発者製品」とデータを共有するかについては、GitHubのプライバシーについての声明を参照してください。

(ii) GitHubは「開発者製品」に関していかなる保証も行わず、お客様が「お客様のコンテンツ」へのアクセスを許可した第三者への開示について責任を負いません。 サードパーティアプリケーションを、お客様は自らの責任ににおいて利用するものとします。

(iii) お客様がGitHub Marketplaceを通じて「開発者製品」を購入する場合、お客様によるGitHub Marketplaceの使用には、GitHub Marketplace利用規約と本セクション4が適用されます。

4.5 GitHubでの広告

GitHubのリポジトリは、コンテンツをホスティングを目的としています。 リポジトリに関連するREADMEドキュメントに、静止画像、リンク、広告文を記載することはできますが、それはお客様がGitHubでホスティングしているプロジェクトに関連するものでなければなりません。 本契約で明示される場合を除き、お客様は、収益目的または過度に大きいコンテンツをIssueに投稿するなどの広告を「外部ユーザ」のリポジトリで行ってはなりません。

付属文書 A: データ保護特約 (DPA)

1. 定義

1.1 「適用されるデータ保護法」とは、お客様によるGitHubおよびGitHubサービスの利用に適用される、個人データの処理および利用に関する特定の法律、規制、規制の枠組み、またはその他の法令を言い、以下のものが該当します。

a. The EU General Data Protection Regulation 2016/679 ("GDPR"), along with any implementing or corresponding equivalent national laws or regulations, once in effect and applicable; and

b. The U.S. Department of Commerce and European Commission's EU--U.S. Privacy Shield Framework ("Privacy Shield"), or any succeeding legislation, available at https://www.privacyshield.gov/, or any succeeding URL, as may be amended. The "Privacy Shield Principles" refer to the principles of Notice, Choice, Accountability for Onward Transfer, Security, Data Integrity and Purpose Limitation, Access, and Recourse, Enforcement, and Liability.

1.2 "Controller," "Data Subject," "Member State," "Personal Data," "Personal Data Breach," "Processing," "Processor," and "Supervisory Authority" have the meanings given to them in the Applicable Data Protection Laws. 不一致がある場合は、GDPR で規定された意味が優先されます。

1.3 「お客様の個人データ」とは、GitHubによる処理のためにお客様から提供されるか、または本契約に基づく義務を履行する過程でGitHubによって生成されるものかを問わず、お客様がコントローラー (管理者) である個人データのことを言います。 これには、支払い情報、IPアドレス、法人のメールアドレスなど、お客様がコントローラー (管理者) であるあらゆる個人データが該当します。

1.4 「お客様のリポジトリデータ」とは、お客様がプライベートリポジトリにアップロードまたは作成した任意のデータまたは情報のことを言います。

1.5 「データ侵害」とは、個人データの侵害など、保護されているお客様のデータの侵害が確認された、または合理的に疑われる場合を差します。

1.6 「エンドユーザー」とは、GitHubアカウントを管理し、GitHub利用規約に同意していて、その個人データがGitHubによって転送、保存、処理されるデータ主体です。 たとえば、GitHubアカウントを持っている、お客様の各従業員や契約者も、GitHubのエンドユーザーです。

1.7 データ処理の「許可された目的」とは、本契約、GitHubのプライバシーについての声明、およびこの付属文書Aに規定されている「サービス」を提供する限定的で特定の目的、あるいはデータ主体がお客様の個人データの使用を承認した目的のことです。

1.8 「保護されたデータ」には、本契約に基づいてGitHubが顧客に代わって処理するお客様の個人データとお客様のリポジトリデータが含まれます。

1.9 「機密データ」とは、人種または民族的出自、政治上の意見、宗教的または哲学的な信念、あるいは労働組合への加入、自然人を一意に識別する遺伝子データまたはバイオメトリックデータの処理、健康状態や性生活、性的指向に関するデータ、および犯罪、前科、または保安に関するデータなどを明らかにする個人データを言います。

2. ステータスとコンプライアンス

2.1 データ処理。GitHubは、本契約に関連して受領したお客様の個人データに関するプロセッサー (処理者) として機能し、本契約およびその他の書面による通知で示されるお客様の指示に従って、許可された目的でのみお客様の個人データを処理します。 適用されるデータ保護法との不一致などが理由で、GitHubがお客様の指示を遵守できない場合、または適用されるデータ保護法その他の法的要件によって処理が必要とされる場合、GitHubは許可される範囲でお客様に通知します。 GitHubは、お客様の個人データをすべて米国ならびに欧州連合で処理しますが、GitHubのサブプロセッサー (副処理者) はデータを米国または欧州連合以外で処理する可能性があります。 また、GitHubはお客様のリポジトリデータについて処理者として機能します。

2.2 データコントローラー (管理者)。 GitHubは、個人データをお客様から受け取ることも、またエンドユーザーアカウントを作成するデータ主体から直接受け取ることもあります。 お客様は、直接GitHubに移転する場合にお客様の個人データのコントローラー (管理者) となります。

2.3 GitHubのコンプライアンス。 GitHubは、個人データの越境移送に適用されるプライバシーシールドを遵守することを表明および保証します。 プライバシーシールドが有効なデータ移転メカニズムである限り、GitHubは、本契約の期間中はプライバシーシールドのもとで認証を維持します。 GitHubが認証されなくなった場合、またはプライバシーシールドが有効なデータ移転メカニズムでなくなった場合については、セクション7を参照してください。 GitHubは、個人データの処理に関して、適用されるデータ保護法に従います。

3. データ保護

3.1 目的限定。 GitHubは、当事者が目的の拡大に書面で合意する場合を除き、許可された目的でのみ、保護データを処理し通信します。

3.2 データの品質とポータビリティ。 GitHubはお客様の個人データを正確に、かつ最新の状態に保ちます。または、お客様にそのようにさせます。 GitHubは商業的に妥当な手順で、お客様に代わって収集した保護データが適切、妥当であり、それが移転および処理される目的に関連して過剰でないことを保証します。 いかなる場合も、GitHubがお客様に代わって故意に過密データを集めることはありません。 お客様は、GitHubサービスが機密データの保存を目的にしないことに同意するものとします。お客様が選択して機密データをサービスにアップロードする場合、お客様はGDPRの第9条、または適用されるデータ保護法で該当する条項に従う必要があります。

3.3 データの保持と削除。許可された目的に必要でなくなってから、お客様から合理的な請求があった場合、法律で禁じられている場合を除き、請求から30日以内に、GitHubはお客様の個人データすべてと関連データを、保存されているすべての場所で返却、破棄、匿名化します。 適用されるデータ保護法が必要とする限りにおいて、また適用されるデータ保護法の定める範囲とその期間に限って、GitHubはお客様の個人データと関連データを保持する場合があります。ただし、お客様の個人データは適用されるデータ保護法に定められた目的上必要な場合に限って処理し、その他の目的では処理しないこと、またお客様の個人データは適用されるデータ保護法で引き続き保護されることをGitHubは保証するものとします。

3.4 データ処理。GitHubは、お客様の個人データの処理に関するGDPRの第28条第3項に従って、以下の情報を提供します。

a. お客様の個人データの主題と処理期間は、本契約および本付属文書で定められています。

b. お客様の個人データの処理の性質と目的は、本付属文書のセクション3.1に記載されています。

c. 処理されるお客様の個人データのタイプは、GitHubのプライバシーについての声明に記載されており、ユーザ名、パスワード、メールアドレス、IPアドレスなどの個人データが含まれます。 GitHubは、お客様のアカウントに対する請求に必要な情報を処理しますが、クレジットカード情報は処理も保存もしません。 お客様は、お客様のプロフィール設定で、あるいはお客様の個人データをGitHubリポジトリにアップロードすることによって、追加の個人データをGitHubに提供することもできます。

d. お客様の個人データが関係するデータ主体のカテゴリは、お客様自体と、そのエンドユーザです。

e. お客様の義務の権利は、本契約および本付属文書で定められています。

4. セキュリティと監査の義務

4.1 Technical and Organizational Security Measures. Taking into account the state of the art, the costs of implementation, and the nature, scope, context and purposes of processing as well as the risk of varying likelihood and severity for the rights and freedoms of natural persons, GitHub will implement appropriate technical and organizational measures to ensure a level of security appropriate to the risks, such as against accidental or unlawful destruction, or loss, alteration, unauthorized disclosure or access, presented by processing the Protected Data. GitHubは、こうした対策の準拠状況を常に監視し、本契約の期間を通じて適切な安全対策をとり続けます。 セキュリティ上の安全対策については、GitHubの責任を定めた、セキュリティに関する付属文書のセクション1.1.を参照してください。

4.2 インシデント対応と侵害通知。GitHubは、GitHubのセキュリティに関する付属文書と、適用されるデータ保護法の情報セキュリティ義務に従います。これには、データ侵害の通知義務も含まれます。 セキュリティ上の安全対策については、データ侵害の対応と通知を定めた、セキュリティに関する付属文書のセクション1.2.を参照してください。

4.3 GitHubのスタッフ。GitHubは、保護データの処理に当たるGitHubスタッフ全員が保護データを機密として扱うことに合意し、本付属文書と適用されるデータ保護法の遵守について適切な訓練を受けていることを保証する合理的な手順を踏むことを、表明および保証します。

4.4 記録。GitHubは、適用されるデータ保護法のもとで必要な情報を含め、お客様に代わって実行される全カテゴリの処理活動について完全、正確、最新の書面による記録を維持します。 支援がGitHubのセキュリティに、または個々のデータ主体のプライバシー権にリスクをもたらさない限り、GitHubはこれらの記録を、お客様が適用されるデータ保護法に準拠していることを証明するためなど合理的に必要とされる場合に、請求があればお客様に公開します。 セキュリティインシデントの発生時に支援を提供する際のGitHubの要件については、GitHubのセキュリティに関する付属文書のセクション1.2を参照してください。

4.5 コンプライアンスレポート。GitHubは、セキュリティに関する付属文書のセクション2.3に従って、セキュリティコンプライアンスレポートを、またセキュリティに関する付属文書のセクション2.3に従ってプライバシーコンプライアンスレポートを作成します。 お客様は、適用されるデータ保護法 (該当する場合は、GDPRの第28条第3項hも含め) によって付与される情報および監査の権利が、これらのコンプライアンスレポートによって満たされること、またGitHubの提供するコンプライアンスレポートが十分な情報を提供しない場合、またはお客様が規制当局または監督機関の監査に応じなければならない場合に限り発生することに同意します。 規制当局または監督機関の監査に関する当局の責任については、GitHubのセキュリティに関する付属文書のセクション3.1に記載されています。

4.6 支援。GitHubは、データプライバシーの影響評価、データ主体の権利請求、監督機関との協議などに関して、いずれの場合も、お客様の個人データの処理についてのみ、また処理の性質を考慮して、合理的な支援をお客様に提供します。

5. 保護データの使用と開示

5.1マーケティングには使用しない。GitHubは、第三者のコンテンツの広告を目的として保護データを使用せず、また合併・吸収の一環の場合を除いて保護データを第三者に売却しません。

5.2 GitHubのプライバシーについての声明。GitHubのプライバシーについての声明はhttps://help.GITHUB.com/articles/GITHUB-privacy-statement/で公開されており、Cookieの使用、紛争解決のプロセス、GitHubのGDPR遵守に関する詳細など、GitHubのプライバシーおよびデータ使用の慣例について詳細を定めています。

6. 副処理とデータの委譲

6.1 データの保護。GitHubは、第三者の決済プロセッサー (処理者) など、保護データをサブプロセッサー (副処理者) に委譲する際の責任を負います。 GitHubが実際に第三者のサブプロセッサーに保護データを委譲する場合、またはGitHubが第三者のサービスをインストール、使用、または有効化してGitHubに代わって保護データを処理させる場合、GitHubはプライバシーシールドの原則および適用されるデータ保護法によってサブプロセッサーに求められるとおりに、その第三者サブプロセッサーが契約に準じて守秘義務、セキュリティ、ポリシー保護を遵守する、または少なくとも同レベルで提供するよう保証するものとします。

6.2 GitHubサブプロセッサーの承認。お客様は、本契約のセクション6および他の規制に従って、GitHubがサブプロセッサー (副処理者) を任命することを承認 (また、セクション6に従って各サブプロセッサーが任命されることを許可) します。 GitHubは、本契約の発効日時点で契約している現行のサブプロセッサーをそのまま採用し続けることもできます。

6.3 後続の副処理に関する一般的な合意。お客様は、GitHubが以下の要件を満たしているという条件で、GitHubが後続のサブプロセッサー (副処理者) と契約することを一般的に合意します。

a. 後続のサブプロセッサーは、欧州委員会が「適切」なレベルの保護があると宣言した国のデータのみを処理することに、あるいは標準契約条項に相当する条件で、または管轄の欧州データ保護当局によって付与される、拘束力のある企業規則の承認に従う、または適切なUS-EUプライバシーシールドの認証に従う、データのみを処理することに合意する必要があります。

b. GitHubは、後続のサブプロセッサーによるお客様の個人データへのアクセスを、そのサービスの実施に厳密に必要な内容のみに制限し、サブプロセッサーがそれ以外の目的でお客様の個人データを処理することを禁じます。

6.4 サブプロセッサーの合意の開示。GitHubは、お客様の個人データを処理するために契約した後続のサブプロセッサーのリストをhttps://help.github.com/articles/github-subprocessors-and-cookies/に保管しています。これには、処理されるお客様の個人データのカテゴリ、サブプロセッサーが実行する処理の種類の説明、処理の場所なども含まれています。 お客様から書面による請求があれば、GitHubはこのサブプロセッサーリストと、お客様の個人データが処理されるときの条項を提供します。 サブプロセッサーの守秘制限に従って、GitHubはリストと条項をお客様に提供する前に、機密情報や商売上重要な情報を削除する場合があります。 GitHubが機密または重要な情報お客様に開示できない場合、当事者はGitHubが副処理の契約に従って合理的に可能な情報を提供することに合意します。

6.5 サブプロセッサーに対する異議。GitHubは、サブプロセッサーの追加と削除について、https://github.com/github/site-policy のサイトで、セクション6.4に挙げたカテゴリを含めて、30日前に書面で通知します。 GitHubと新しいサブプロセッサーとの契約に合理的な異議がある場合、お客様はただちに書面でGitHubに通知する必要があります。 可能な場合GitHubは、異議を受けたサブプロセッサーによるデータの処理を避けるために、商業的に相応の努力で、該当する「サービス」に代替策を講じるものとします。 90日以内にGitHubが代替策を講じられず、当事者も解決できない場合、お客様は本契約を解約することができます。

7. 解約

7.1 一時停止。GitHubが、適切なレベルのセキュリティまたはプライバシー保護を維持する義務に違反した場合、お客様はあらゆる個人データの委譲を一時的に停止し、違反が是正されるか本契約を解約するまで、お客様に代わってお客様の個人データを収集・処理することを禁じることができます。

7.2 理由のある解約。お客様は、本契約のもとで有する解約の権利に加えて、以下の場合には、法律上または衡平法上の他の請求権を損なうことなく本契約を解約できるものとします。

a. GitHubがプライバシー義務を満たせなくなったとお客様に通達する。

b. お客様の個人データすべての委譲、収集、処理が、セクション7.1に従って1か月以上一時停止されている。

c. GitHubが、本付属文書での保証または代理を実質的に、または永続的に侵害している。

d. GitHubが、事業を継続しなくなった、解散した、財産管理に入った、あるいはGitHubに代わって清算命令が発令された。

e. セクション6.5に従ってお客様がサブフォルダに異議を申し立て、GitHubが90日以内に代替策を講じられなかった。

7.3 侵害。本付属文書の重大な条項を遵守できなかった場合は、本契約のもとでの重大な違反と見なされます。

7.4 不履行。法律または規制の変更によって、本付属文書の遂行が不可能になった、または商業的に妥当でなくなった場合、当事者は誠意をもって本付属文書を再交渉することができます。 再交渉しても解決に至らない、または当事者が合意に達しない場合、当事者は30日後に本契約を解約できます。

7.5 通知。GitHubが本付属文書に定めるプライバシー義務を満たせなくなったと判断した場合、GitHubはただちに書面でお客様に通知します。

7.6 変更。GitHubは、適用されるデータ保護法より必要な場合には随時、お客様に30日前に通知したうえで、本付属文書を変更できます。

7.7 解約の要件。解約の際、GitHubは以下をすべて実行する必要があります。

a. 妥当かつ適切な手段を講じて、お客様の個人データの処理を停止する。

b. セクション3.3に従ってGitHubがお客様に代わって保存していたお客様の個人データを、解約後90日以内に削除または匿名化する。

c. gitHubがセクション7.7の義務に従っているという合理的な保証をお客様に提示する。

8. データ処理の責任

8.1 制限。適用されるデータ保護法による制限を除き、本付属文書のもとで行われる請求は、責任の制限に関する本契約の条項に従うものとします。

付属文書 B: セキュリティに関する付属文書

1. 情報セキュリティプログラム

1.1 セキュリティ管理

Throughout the duration of the Agreement, GitHub will maintain and enforce a written information security program ("Security Program") that aligns with industry recognized frameworks; includes security safeguards reasonably designed to protect the confidentiality, integrity, availability, and resilience of Customer Protected Data; is appropriate to the nature, size, and complexity of GitHub's business operations; and complies with the Applicable Data Protection Laws and other specific information security related laws and regulations that are applicable to the geographic regions in which GitHub does business.

a. セキュリティ責任者。 GitHubは、そのセキュリティプログラムの監督および実行と、情報セキュリティ問題に関するガバナンスおよび内部連絡について、その責任を負う上級従業員を指名しています。

b. セキュリティプログラムの変更。 関連する法律および規制によって通知が必要な場合、GitHubはお客様の保護データのセキュリティに悪影響を及ぼすセキュリティプログラムを変更しません。

c. GitHubは標準的なセキュリティ業界の慣例を維持します。これには以下のものが含まれますが、これに限定はされません。

1.2 セキュリティインシデント管理。本契約の期間を通じて、および適切な場合に、GitHubは以下のようにセキュリティインシデント管理プログラムを提供します。

a. セキュリティの可用性とエスカレーション。 GitHubは、お客様と従業員がGitHubセキュリティチームにIssueを発行できるように、24時間365日の体制で、セキュリティ窓口とエスカレーションプロセスを設けます。

b. インシデント対応。 If GitHub becomes aware of a breach of security leading to the accidental or unlawful destruction, loss, alteration, unauthorized disclosure of, or access to Customer Data or Personal Data (each a "Security Incident"), GitHub will promptly and without undue delay (1) notify Customer of the Security Incident; (2) investigate the Security Incident and provide Customer with detailed information about the Security Incident; (3) take reasonable steps to mitigate the effects and to minimize any damage resulting from the Security Incident.

c. 通知。 セキュリティインシデントの通知は、GitHubが選ぶどんな手段を使ってでも、1つ以上のお客様の管理者に届きます。 お客様の管理者が通知を監視しておき応答するよう図ることは、全面的にお客様の責任となります。 お客様は、お客様に該当するインシデント通知関連法のもとでの義務に従い、セキュリティインシデントに関係する第三者の通知義務を満たす責任を全面的に負います。

d. 妥当な支援。 GitHubは、適用法または規制のもとで、かかるセキュリティインシデントについて関連監督機関およびデータ主体に通知するという義務をお客様が履行するのを支援するために、商業的に妥当な努力を払います。

1.3 下請けおよびベンダーに関する相当な注意。GitHubは、下請けおよびベンダーを使用する際、相当な注意を払うものとします。 GitHubは、ベンダー評価レポートなど任意の評価結果を、最低3年間保管します。

1.4 データセンターの物理的な安全対策。GitHubがサードパーティベンダーを使用して本番環境をホストする範囲において、業界標準で定められた物理的なセキュリティ管理に従い、かつSOC 2またはISO 27001認証など年次の外部監査レポートを発行するベンダーをGitHubは選定します。 通信、ネットワークデバイス、その他の「データ伝送線」または機器を収めるエリア、キャビネット、ラックへのアクセスは、すべて以下のように制御されます。

a. 1つ以上の入口で、アクセスをバッジリーダーで制御する

b. 出口としてのみ使われるドアには、「一方通行」のドアノブを使用するか、バー状の出口装置を設置する

c. すべてのドアには、ドアアラームを設置する

d. 出口のドアにはビデオ監視機能を付ける

e. カードアクセスおよびビデオシステムはすべて、発電機またはUPSバックアップシステムに接続する

2. 情報請求とコンプライアンスレポート

2.1 情報請求。お客様から書面で請求があり、1年に1回を超えていない場合、GitHubは1回の情報請求に応じ、セキュリティおよびコンプライアンスのリスク関連情報にアクセスできるようにします。 この応答は、請求の受理から30日以内に書面で行われ、どの請求も必要な説明は保留されます。

2.2 応答の内容。GitHubは、GitHub単独の裁量で、かつそのデータとサービスに基づき、GitHubの判断に応じて、本番データセンター、IaaS、PaaS、またはプライベートホスティングプロバイダの関連監査レポートを年次応答に含めます。

2.3 GitHubセキュリティ監査レポート。GitHubは、外部監査を実行して、SOC1タイプ2の監査レポートと、SOC2タイプ2の監査レポートを発行します。 GitHubは監査を実行し続け、本契約の期間を通じて、少なくとも1年に1回、対応するレポートを発行します。

3. 規制監査との協力

3.1 規制監査。お客様が規制監査、すなわちGitHubからの参加を必要とする監督機関に対応した監査を実行する場合、GitHubは関連するスタッフ、ドキュメント、アプリケーションソフトウェアにアクセスできるようにして、関係の請求と完全な協力態勢をとります。 お客様は、かかる規制または監督機関の監査について、以下の責任を負います。

a. お客様は必ず独立第三者 (つまり規制者または規制者の代理) を使用し、お客様に関係しない結果とデータにはお客様のアクセスを制限します。

b. かかる監査の通知は、書面にて、適切なタイミングでGitHubに提供される必要があります。規制者の通知は保留され、適切なスタッフが支援に回れるようになります。 規制者が監査または捜査のことを事前にお客様に通知できなかった場合、GitHubは規制者が定める期限で応答します。

c. 第三者の監査人は、発見結果と、規制者が許可する場合の推奨策をGitHubに開示する必要があります。

d. 規制監査の場合、アクセスが許可されるのは規制者の営業時間内 (太平洋時間) だけです。

e. 法律の許可する範囲において、お客様はGitHubのかかる監査を通じて収集された、性質上機密であるべき情報の機密を保持する必要があります。

付属文書 C: セクション 1-4 における定義

アクティブユーザ」とは、「停止」時に「サービス」へのアクセスを試みる「ユーザ」を意味します。

関係会社」とは、直接的または間接的に支配している、支配されている、あるいは当事者と共通の支配下にある、あらゆる法人を意味します。本定義において「支配」とは、所有権のうち 50% 超を持つか、当該法人の経営管理を指揮する権限を有することを意味します。

全ユーザ」とは、「サービス」を利用する、「お客様」の「ユーザ」および「外部ユーザ」を総称的に意味します。

アメリカ大陸」とは、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、中南米諸国、およびカリブ海諸国を意味します。

“Application” or “Learning Lab” means the GitHub Learning Lab application and associated Documentation.

ベータプレビュー」とは、アルファ、ベータ、プレビュー、アーリーアクセス、評価版、またはその他同様の意味を持つ言葉や表現により称されるソフトウェア、サービス、または機能を意味します。

機密情報」とは、書面、口頭、その他の手段により機密として指定されたか、あるいは開示側の「当事者」にとって機密であることを受領側の 「当事者」 が知っているまたは開示に関する状況および情報の性質により、機密であることを合理的に知っていると判断される、いずれかの「当事者」 により、他の当事者に開示された、あらゆる非公開情報を意味します。 疑義を避けるため、お客様の「プライベートリポジトリ」に保存されたお客様の「コンテンツ」を除き、「サービス」に投稿された「コンテンツ」は「機密情報」と見なされないものとします。 「機密情報」には、以下のいずれの情報も含まれません。(i) 受領側当事者の過失によらず、公知であったか公知となったもの、(ii) 開示する権利を有する開示側当事者以外の情報源から、機密または所有権の制約を受けることなく、受領側「当事者」が正当に知っていたか正当に知るようになったもの、(iii) 開示側「当事者」に正式に委託を受けた職員により署名された書面により、制約を受けることなく開示することについて、かかる開示側「当事者」により承認されたもの、(iv) 相手方「当事者」の「機密情報」を入手または利用することなく、受領側「当事者」が独自に開発したもの、(v) 「サービス」内、かつお客様の「プライベートリポジトリ」以外に保存または投稿されるまたはされているもの。

“Connect” or “GitHub Connect” means a feature included in the Software that enables Customer to connect the Software with GitHub.com.

コンテンツ」とは、機能、表示、その他 「サービス」を通じて利用できる、テキスト、データ、記事、画像、写真、図表、ソフトウェア、アプリケーション、設計、機能、その他それらに制約されないあらゆる素材を意味します。

企業アカウント」とは、法人を代表して「ユーザ」により作成されたアカウントを意味します。

「お客様」とは、GitHub 「同意する」またはそれに類似するボタンをクリックするか、「製品」にアクセスすることにより、GitHub と本契約を締結した企業または団体、その「関係会社」および「担当者」を総称的に意味します。

お客様のコンテンツ」とは、お客様が作成、所有するか、お客様が権利を所有する 「コンテンツ」 を意味します。

お客様による改善」とは、「ソフトウェア」に含めるまたは「ソフトウェア」からリンクすることができる、オープンソースライセンスの下にライセンスを受けたあらゆるライブラリのバグ修正、カスタマイズ、または追加機能を開発する目的のためにのみお客様が行うことができる「ソフトウェア」の改善を意味します。

開発者製品」とは、(「GitHub のプライバシーについての声明」に定める) 「ユーザ個人情報」 または「ユーザ生成コンテンツ」を収集し、それを GitHub の API、OAuth の仕組みその他により「サービス」と統合するサードパーティアプリケーションを意味します。

ドキュメンテーション」とは、GitHub が提供するか、お客様に利用できるようにする、「ソフトウェア」または「サービス」に関連したあらゆるマニュアル、ドキュメンテーション、その他補助資料を意味します。

発効日」とは、お客様が (i) 上記の本契約の規約および条件に同意した日か、(ii) 「製品」を最初に注文した日のうち、いずれか早いほうの日を意味します。

不可欠なサービス」 とは、リポジトリの作成、「フォーク」、およびクローン、ブランチの作成、コミット、およびマージ、プルリクエストの作成、レビュー、およびマージ、ならびに中核となる Git ワークフローへのウェブ、API、および Git クライアントサービスを含む、GitHub の中核となるバージョン管理機能にとって不可欠なサービスを意味します。 これに含まれない周辺的な機能およびサービスの例としては、webhook、Gist、Pages、およびメール通知が挙げられます。

外部ユーザ」とは、「サービス」にアクセスまたは「サービス」を利用する、「お客様」以外の「ユーザ」である個人を意味します。 「料金」とは、(i) 該当する「プラン契約期間」中に「製品」 を利用するため、または (ii) 「プロフェッショナルサービス」を受けるために、GitHub がお客様に支払う必要のある費用を意味します。かかる費用は「注文書」または SOW に記載されています。

フィードバック」とは、GitHub の製品またはサービスについてのアイデア、ノウハウ、アルゴリズム、コードへのコントリビューション、提案、機能拡張リクエスト、その他あらゆるフィードバックを意味します。

フォーク」とは、1 つのリポジトリの「コンテンツ」を別のリポジトリにコピーすることを意味します。

GitHub」とは、GitHub, Inc、その「関係会社」および「担当者」を総称的に意味します。

GitHub のコンテンツ」とは、GitHub が作成、所有、またはその権利を所有する「コンテンツ」を意味します。

ライセンスキー」とは、お客様に「ソフトウェア」のインストール、操作、および利用ができるようにするための、「ソフトウェア」のアクセス管理機構により用いられるデータファイルを意味します。

注文書」とは、「当事者」が「製品」を注文するために用いる、書面または電子的なドキュメント (見積書を含む) を意味します。

Organization」とは、複数の「ユーザ」が、一度に多くのプロジェクトをまたいでコラボレートするために、 単一のエンティティあるいは 1 つまたは複数の「ユーザ」に関連付けることができる共有のワークスペースを意味します。 「ユーザ」は複数の「Organization」のメンバーになることができます。

停止」とは、50% を超える「アクティブユーザ」に影響する、「不可欠なサービス」の中断を意味します。

コンピュータアカウント」とは、「コンピュータアカウント」のために該当する利用規約を受け入れ、有効なメールアドレスを提供し、その動作について責任を負う人間個人により登録されたアカウントを意味します。 「コンピュータアカウント」は、自動化されたタスクを実行するためにのみ用いられます。 「コンピュータアカウント」の動作は、複数の「ユーザ」が指示できますが、コンピュータの動作について究極的な責任を負うのは、アカウントの所有者です。

プライベートリポジトリ」とは、「ユーザ」が「コンテンツ」へのアクセスを制御できるリポジトリを意味します。

プロフェッショナルサービスクレジット」とは、「プロフェッショナルサービス」 (旅費および宿泊費除く) を購入するための前払い方式による支払いを意味し、お客様は、これを「プロフェッショナルサービス」のために (「注文書」に特に明記していない場合) 12 か月間利用できます。 (「注文書」に特に明記していない場合) 購入日から 12 か月経過した月末までに利用されていない「プロフェッショナルサービスクレジット」は自動的に取り消しとなり、返金できません。

プロフェッショナルサービス」とは、相互に締結した「SOW」に従い、GitHub が提供するトレーニング、コンサルティング、または実装サービスを意味します。 「プロフェッショナルサービス」には、「サポート」は含まれません。

パブリックリポジトリ」とは、「コンテンツ」が「全ユーザ」に表示できるリポジトリを意味します。

リリース」とは、GitHub がそのお客様に対して一般的に入手できるようにする「ソフトウェア」のリリースと、それに対応する「ドキュメンテーション」のあらゆる変更を意味し、機能拡張、新機能、新機能性が含まれ、一般的に左から 1 つ目の点の右側にある数字の変更 (例: x.x.x から x.y.x)、または左側の数字の変更 (例: x.x.x から y.x.x) により示されます。

担当者」とは、「当事者」の従業員、代理人、独立契約者、コンサルタント、および財務顧問を意味します。

計画的ダウンタイム」とは、事前に計画された、「サービス」のメンテナンスやアップデート (「サービス」をホストするために必要なあらゆるサーバその他ハードウェアのメンテナンスやアップデートを含む) を意味し、その期間中は「サービス」が停止またはユーザからアクセスできなくなることがあります。

スクレイピング」とは、ボットやウェブクローラーなどの自動的な処理により、「サービス」からデータを抽出することを意味します。GitHub の API を通して情報を収集することはこれに含まれません。

サービス」とは、ホストされた GitHub Enterprise Cloud サービスを意味します。 「サービス」には、「Organization」アカウント、SAML シングルサインオン、アクセスのプロビジョニング、および該当するあらゆる「ドキュメンテーション」が含まれます。 ここに挙げた機能やサービスは網羅的なものではなく、随時アップデートされる可能性があります。

サービスクレジット」とは、以下に定める計算により、GitHub が適格なアカウントに払い戻す、ドルのクレジットを意味します。

ソフトウェア」とは、GitHub Enterprise Server ソフトウェアを意味します。 「ソフトウェア」には、「GitHub Connect」機能、該当するあらゆる「ドキュメンテーション」、に加え、GitHub がお客様に提供するまたは本契約の下でアクセスできる「ソフトウェア」のあらゆる「アップデート」が含まれます。

SOW」とは、GitHub が実施する「プロフェッショナルサービス」の作業詳細、それに関するあらゆる「料金」、およびそれに関する各「当事者」の義務について、相互に締結した声明書を意味します。

プランライセンス」とは、お客様を代表して「製品」をインストール、操作、アクセス、および利用するために各「ユーザ」に割り当てられるライセンスを意味します。 お客様は、GitHub Enterprise Server のインスタンスおよび GitHub Enterprise Cloud Organization にわたって、「ユーザ」ごとに「プランライセンス」を 1 つのみ割り当てることができます。 各「ユーザ」は、お客様の Enterprise Server インスタンスまたは Enterprise Cloud Organization に、お客様が許可する範囲でアクセスできます。 ただし、明確にするために記すと、お客様が「プランライセンス」を「ユーザ」にいったん割り当ててから、1 人の「ユーザ」が Enterprise Server の「プランライセンス」を利用しながら、別の「ユーザ」が同一の「プランライセンス」で GitHub Enterprise Server の別のインスタンスまたは GitHub Enterprise Cloud の Organization を利用できるようにお客様が「プランライセンス」を分けることは認められないものとします。

プラン契約期間」とは、注文に適用される発効日か、「注文書」に記載されている発効日から 1 年間の期間を意味します。

サポート」とは、GitHub が提供する場合がある、「ソフトウェア」または「サービス」への技術サポートを意味します。

アップデート」とは、GitHub がそのお客様に対して一般的に入手できるようにする「ソフトウェア」のリリースと、それに対応する「ドキュメンテーション」のあらゆる変更を意味し、エラーの修正やバグの修正が含まれ、一般的に左から 2 つ目の点の右側にある数字の変更 (例: x.x.x から x.x.y) により示されます。

稼働時間」とは、各四半期において、GitHub の「不可欠なサービス」が、50% を超える「アクティブユーザ」に影響を与える「停止」により中断されていない時間のパーセンテージを意味します。

“User” means (i) with respect to the Software, a single person or Machine Account that initiates the execution of the Software or interacts with or directs the Software in the performance of its functions; and (ii) with respect to the Service, an individual or Machine Account who (a) accesses or uses the Service, (b) accesses or uses any part of Customer’s account, or (c) directs the use of Customer’s account in the performance of functions, in each case on Customer’s behalf. 「ユーザ」の数は、「お客様」が購入した「プランライセンス」の数を超過してはなりません。

ユーザ生成コンテンツ」とは、第三者または「外部ユーザ」が作成または所有する「コンテンツ」を意味します。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください