ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise アカウントで Organization 用のリポジトリ管理ポリシーを施行する

Enterprise アカウントは GitHub Enterprise Cloud で利用できます。詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

Enterprise のオーナーは、自分の Enterprise のアカウントが所有するすべての Organization に対して特定のリポジトリの管理ポリシーを強制したり、Organization ごとのポリシーの設定を許可したりすることができます。

詳細は「Organization のためのリポジトリの権限レベル」を参照してください。

このガイドの内容

デフォルトのリポジトリの権限に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントによって所有されているすべての Organization 全体で、デフォルトのリポジトリの権限レベル (なし、読み取り、書き込み、管理) を Organization のメンバー用に設定したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Default permissions] で、設定変更についての情報を読みます。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Default permissions] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    リポジトリ権限ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

リポジトリの作成に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、メンバーが公開およびプライベートのリポジトリを作成したり、プライベートリポジトリのみを作成したり、Organization のオーナーへのリポジトリの作成を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository creation] で、設定変更についての情報を読みます。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository creation(リポジトリの作成)] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    リポジトリ作成ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

プライベートリポジトリのフォークに関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、ユーザーにフォーク用にプライベートリポジトリへのアクセスを許可したり、プライベートリポジトリのフォークを一切禁止したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository forking] で、設定変更についての情報を読みます。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository forking] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    リポジトリ フォーク ポリシー オプションのドロップダウンメニュー

外部コラボレーターのリポジトリへの招待に関するポリシーを施行する

自分の企業アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、メンバーが外部コラボレーターをリポジトリに招待したり、外部コラボレーターの Organization オーナーへの招待を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository invitations] で、設定変更についての情報を確認します。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository invitations] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    外部コラボレーター招待ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

リポジトリの表示の変更に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリの表示を変更したり、Organization のオーナーへのリポジトリの表示の変更を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository visibility change] で、設定変更についての情報を確認します。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository visibility change] の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択します。

    リポジトリの表示ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

リポジトリの削除または移譲に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリを削除または転送したり、Organization のオーナーへのリポジトリの削除と転送を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository deletion and transfer] で、設定変更についての情報を確認します。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. Under "Repository deletion and transfer", use the drop-down menu and choose a policy.

    Drop-down menu with repository deletion policy options

ブランチの保護ルールの設定に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーが保護されたブランチの設定を更新したり、Organization のオーナーに対してブランチの保護設定を制限したり、Organization のオーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository branch protection rules] で、設定変更についての情報を確認します。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository branch protection rules] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    ブランチ保護ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

Issue の削除に関するポリシーを施行する

自分のEnterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリ内の Issue を削除したり、Organization のオーナーに対して Issue の削除を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAME にアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAME はあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。

  2. Enterprise アカウントサイドバーで [Policies] をクリックします。

    Enterprise アカウントサイドバーの Policies タブ

  3. [Repository policies] タブの [Repository issue deletion] で、設定変更についての情報を確認します。 設定を適用する前に、Enterpriseアカウント内のすべての Organization の現在の設定を見ることもできます。そのためには [View your organizations' current configurations]をクリックします。

    ビジネス内の Organization の現在のポリシー設定の表示リンク

  4. [Repository issue deletion] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。

    Issue 削除ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください