ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

必須ステータスチェックを有効にする

リポジトリ管理者は、ブランチがプルリクエストでマージされる前、あるいはローカルブランチへのコミットが保護されたリモートブランチへプッシュされる前に、必須ステータスチェックを強制することができます。

保護されたブランチは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

ブランチで必須ステータスチェックを有効にする前に、以下の作業が必要です:

リポジトリ中の一部あるいはすべてのブランチに、保護されたブランチの設定を自動的に強制することができます。詳細は「保護されたブランチを設定する」を参照してください。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のメニューで [Branches] をクリックします。

    リポジトリオプションのサブメニュー

  4. [Protected Branches] の下で、必須のステータスチェックのマークをしたいブランチをドロップダウンメニューから選択します。

    保護されたブランチのドロップダウンメニューを選択する

  5. [Require status checks to pass before merging] を選択します。

    必須ステータスチェックのオプション

  6. オプションとして、[Require branches to be up to date before merging] の選択を解除します。 選択すると、ベースブランチ上でブランチが最新のコードでテストされるようにできます。

    必須ステータスのチェックボックス、ゆるい、または厳格な

  7. 使用可能なステータスチェックのリストから、必須としたいものを選択します。

    使用可能なステータスチェックのリスト

  8. [Include administrators(管理者を含める)] を選択することもできます。そうすれば、リポジトリの管理者に必須ステータスチェックを強制できます。

    Include administrators チェックボックス

  9. オプションとして、[Require branches to be up-to-date before merging] の選択を解除します。 選択すると、ベースブランチ上でブランチが最新のコードでテストされるようにできます。

    Loose (寛容) または Strict (厳格) 必須ステータスのチェックボックス

  10. [Save changes] をクリックします。

参考: 必須ステータスチェックが有効化されているベースブランチにプルリクエストをマージするには、ベースブランチに対するプルリクエストの head ブランチは最新になっていなければなりません。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください