ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization の OAuth App アクセス制限を有効化する

Organization のオーナーは、OAuthアプリケーション のアクセス制限を有効化して、信頼されていないアプリが Organization のリソースにアクセスするのを防止できます。その場合も Organization のメンバーは OAuthアプリケーション を個人アカウントで使用できます。

新しい Organization を作成する際には、OAuthアプリケーション のアクセス制限がデフォルトで有効になっています。Organization のオーナーはいつでも OAuthアプリケーション のアクセス制限を無効化できます。

警告:

  • OAuthアプリケーション のアクセス制限を有効化すると、Organization のアクセスでの以前に認証されたすべての OAuthアプリケーション と SSH キーが取り消されます。 詳しい情報については、「OAuthアプリケーションのアクセス制限について」を参照してください。
  • OAuthアプリケーション のアクセス制限を設定したら、Organization のプライベートなデータへのアクセスを必要とするすべての OAuthアプリケーション を再認証してください。 Organization のすべてのメンバーは新しい SSH キーを作成する必要があり、Organization は必要に応じて新しいデプロイキーを作成する必要があります。
  • OAuthアプリケーション のアクセス制限が有効化されると、アプリケーションで OAuth トークンを使用して GitHub Marketplace 取引に関する情報にアクセスできます。

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. プロフィールページの左側で、[Organizations] の下にある Organization のアイコンをクリックしてください。

    Organization のアイコン

  2. Organization 名の下で、 [Settings] をクリックします。

    Organization の設定ボタン

  3. [Settings] サイドバーで [Third-party access] をクリックします。

    左サイドバー内の OAuthアプリケーション アクセスタブ

  4. [Third-party application access policy] の下で [Setup application access restrictions] をクリックします。

    制限の設定ボタン

  5. サードパーティのアクセス制限に関する情報を確認したら、[Restrict third-party application access] をクリックします。

    制限の確認ボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください